カリキュラムポリシー

全学ディプロマ・ポリシー(以下、DP)を基に、本学では「全学共通科目」と、各学部のDP及びカリキュラム・ポリシー(CP)に基づく科目を配置する。
全学共通科目は、知行合一の教育理念のもと学生の人格陶冶と主体性形成を主柱とし、社会生活における問題解決能力と創造力、地域社会の振興に寄与できる能力を涵養することを目的とする。 したがって、そのプログラム形態は実践活動、演習、講義やゼミナール形式など多岐にわたる。 しかしながら、評価には「探求の過程」と「学生が何を成したか」という一貫した観点を有している。 これらは、各学部の専門とする学問領域修得の素地となり、また、同時に一人の人間として統合・発展させる要素を含んでいる。 そして、これらのカリキュラムの効果を高め、目標を達成するための活動として、「礼の実践」を位置づける。

本学のポリシーに基づく全学共通科目

1.基礎演習及び総合演習

本学の人間教育の要であり、4年間または2年間の一貫した理念に基づく共通科目である。以下の5つの全学共通プログラムを実施し、本学が掲げる4つの教育目標の到達を目指す。

  • ①建学の精神と実践教育プログラム
  • ②心身の健康プログラム
  • ③地域貢献プログラム
  • ④学習統合プログラム
  • ⑤進路・資格取得プログラム

2.ボランティア活動

現場での実践活動と学内との学習過程との循環を通して、対人援助職としての態度や価値観を養う。 基本的な心構えだけでなく、専門職として獲得すべき将来の目標を学生自らが認識する機会を提供するため、以下の到達目標を含む。

  • ①ボランティア活動の意義を理解し、自ら計画し主体的に活動ができる。
  • ②住民や施設利用者等との関わりから自らを省み、態度や思考の有り様を認識できる。
  • ③実践活動を省察しチームワークやリーダーシップのあり方を理解し、自らが獲得すべき発展的な学習課題へと還元できる。

3.その他の科目

本学の建学の精神や教育目標そのものを理解する素地となり、また、社会現象の根源を問い考える基礎知識を培養すべく、哲学や道徳に関する科目を置く。 専門性のみならず多角的視点から考察できる学生を育成する。 さらに、社会的要請に応える多様な専門職の連携に基づく実践能力を身に付けるため、専門職連携に関する科目を配置する。

カリキュラムを支える「礼の実践」

「礼」は、社会の秩序を維持するための法律や法則、伝統的な制度や風俗、習慣などのきまりであり、日常生活におけるマナーにまで至る。 そして、人が行動する時に守らなければならない作法として「礼儀」がある
人間は、社会の中の一人として社会全体が良くなるための生活態度を持たなければならない。 本学では、日常の礼儀作法としての「挨拶」と心の持ち方としての「環境美化」を、カリキュラムを支える重要な活動として位置付ける。 挨拶は社会生活を円滑に進めるための日常生活に欠かせない行為であり、他者とのコミュニケーションの第一歩である。 環境美化は清掃という行為を通して、他者への配慮(仁の具体的現れ)と自己研鑽に励む態度(克己)を養う機会と実践の場である。 この相互に補完しあい発展的機能をもつ実践と教育との総体を、建学の精神を反映した本学の人材育成とする。

  • ⅰ 鈴木利定・中田勝「咸有一徳 修訂第2 版 昌賢学園の全人教育」中央法規(2014)
    p43 解説(4)p61 解説(4)より

大学院 社会福祉学研究科 社会福祉経営専攻 カリキュラム・ポリシー

群馬医療福祉大学大学院社会福祉学研究科は、下記の方針により教育課程を編成する。

  • 1. 社会福祉の各領域を網羅する共通基礎分野の科目を設置する。
  • 2. 福祉施設の運営管理を主題とする福祉事業経営分野の科目を設置する。
  • 3. 地域社会のあらゆる資源を統合し、地域社会での自立に向けた効果的・効率的な支援の理論と手法を研究する地域福祉経営分野の科目を設置する。
  • 4. 社会福祉学の探求と高度の職業人の養成課題として必要な実践方法を研究する福祉専門科目群を設置する。

ページトップへ