大学院案内

利用者の意向を踏まえた質の高いサービスの開発と提供。

地方を基盤にした福祉を利用者が主体的に「選択」する時代
利用者本位の福祉サービスの構築の基礎はサービス提供者と利用者の間に対等の関係を確立することであり、 その意味で従来の行政による福祉の「措置の時代」から利用者による「選択の時代」へと転換が重要な課題となってきています。
利用者の選択に応えるために多様なサービス事業者が福祉分野に参入することが重要であり、さらに利用者が満足できるサービスの質の向上と透明性をもった福祉事業の効率的経営が求められています。 このような新しい社会福祉の推進のためには従来の政府主導の「措置型」福祉のもとで培われてきた社会福祉の知識や技術はその有効性を失い、 地方を基盤にした福祉を利用者が主体的に「選択」する時代にふさわしい知識と技術をもつ人材の養成、確保が緊急の課題となってきているのです。本大学院はこのような社会的要請に応えていくことを目的としているのです。
福祉サービス提供機関の今後の成功を支えるのは「社会福祉経営」の知識と技術
社会福祉構造改革により、福祉サービスは"選択の時代"を迎えています。利用者が正しい選択を行うための情報開示や第三者評価制度が打ち出されるなかで、 自治体を含む福祉関係組織・団体の福祉事業の経営者には、安定した質の高いサービス提供・利用者本位の福祉システムの構築・地域における総合的福祉サービスの展開等に必要な創意工夫が求められています。 このような背景から、サービス提供機関の今後の成功を支えるのは運営・管理等の方法であるという認識が高くなってきており、福祉を目的とする事業に関わるものに、 「社会福祉経営」の知識と技術、ニーズに応じたサービス開発ノウハウの習得が緊急の課題となっているのです。

学長あいさつ・理念

学長あいさつ・理念

本学学長からのごあいさつ、さらに教育理念についてご紹介します。

沿革・組織

沿革・組織

本学の歴史と、学園の組織をご紹介します。

アクセス

アクセス

各学の所在地、アクセス方法をご紹介します。

ページトップへ