EN

授業情報 LESSON

授業情報
2018.09.12
[全学部] レジャイナ大学(カナダ)短期留学の様子

 社会の急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は本学にとっても極めて重要な問題であり、これからは医療福祉従事者にも異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要となります。このような背景の中で2018年度より、英語圏であるカナダ・レジャイナ大学にて8月29日から9月8日までの11日間、短期留学研修を実施してきました。
 ESL(English as a second language)のクラスに所属し、英会話の講義や心理学、さらには専門分野である看護学、運動学、教育学の講義を受講してきました。現地の講師陣や大学生も本学の学生に丁寧に対応してくれ、楽しい時間となりました。英語に対する気持ちの変化についても「英語で話すことを楽しく感じた」「積極的に伝えようとする気持ちが大切」「もっと英語で話せるようになりたい」という意見が多く、帰国後の学生たちの英語を学ぶことへの意欲が増したことは明らかであります。授業はALL ENGLISH で行われ、電子辞書を使用しながらも講義内容を理解し学べたことは、学生たちにとって大きな自信につながったことと思います。プログラムの中には観光やアメフト観戦が組まれており、様々な点で日本との違いが学生たちには新鮮な体験となりました。
 レジャイナ大学は世界中から留学生を受け入れており、学生たちは様々な国の学生たちと自発的にコミュニケーションをとり、交流を深めていました。
 参加学生は、快適な滞在先とレジャイナ大学スタッフの細やかな対応により、安心で安全な環境のもとで貴重な体験と充実した学びを得ることができました。今後の学生生活に活かしていただくとともに、次回も多くの学生が参加されることを期待しています。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会