EN

実習情報 TRAINING

実習情報
2018.08.02
[看護学部] 精神看護学実習の様子

精神に障がいを持つ人は、一見どこに障がいを持っているのか分かりづらいです。“会ってみないとわからない”“聴いてみないとわからない”その人の心の中で大切にしていることを、今ここで…この瞬間を共有するために…その人の持つ目に見えないキラキラした宝物(その人の良い所、考え、大切にしていること)を分かち合います!
そのために実習では、SST(ソーシャルスキルトレーニング)を通して、実習での困りごとをどのように解決できるか、現状よりさらに良くなるためには何が必要なのか、学生同士で話し合い、対象者との関わりに反映させています。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会