EN

リハビリテーション学部


心身の回復と自立した生活を支えるリハビリテーションのプロを育てる。

理学療法専攻・作業療法専攻ともリハビリテーションの
プロを目指して専門知識や技術を身に付けます。
また、医療に携わるものとして、人間としても大きく
成長できるよう、実習や地域との交流を通して様々な角度から
学生の可能性を引き出すために取り組みます。
医療の専門職として求められるのは、プロとしての知識、技術、
そしてリハビリテーションへの熱意です。
多くの方に信頼していただけるプロを目指して、熱意をもって、日々の学びに取り組みます。

  • POINT01 きめ細やかな教育

    人の心身を預かる仕事をする理学療法士・作業療法士になるためには、膨大な知識と質の良い技術が求められます。
    学生一人ひとりの個性を大切にし、「仁・義・礼・智・信」の教えの基、学生の理解度やスピードに合わせた、きめ細やかな教育を目指します。

  • POINT02 恵まれた環境、地域との交流

    リハビリテーションの専門職には、対象となる方や医療スタッフとの高いコミュニケーション能力が求められます。
    前橋市街地という恵まれた環境の中、地域の方々との交流行事や、ボランティア活動を取り入れることで、小さな子どもから経験豊かなお年寄りまで、たくさんの世代の方との交流を深め、コミュニケーション能力を身に付けます。

  • POINT03 実践的な体験

    本学部は体験や実習の時間を多く取り入れ、より実践的な環境で学生を育てます。
    1、2年次では学内の実習に加え、地域の施設での体験実習を実施します。
    3、4年次では様々な分野の病院や施設の臨床実習の中で、専門的な知識や技術の習得を目指します。
    臨床実習においては、チーム医療の一員としての役割について実践を通して学びます。

  • POINT04 リハビリテーション学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針) POINT04 リハビリテーション学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
    知識・理解
    1. 医療専門職としての基礎知識や技術とともに、幅広い教養と技能、職業倫理観を身につけることができる。
    汎用的技能
    2. 人びとの生活に興味を持ち、社会における生活者としての視点と、専門的知識や科学的知見に裏付けされた分析的視点で、リハビリテーションの実践に携わることができる。
    態度・志向性
    3. 自己研鑽や研究の必要性を理解し、リハビリテーションを多職種協働で実践しながら、得られた専門的知識や技術を社会に還元する態度を身に付けている。
    統合的な学習経験と創造的思考力
    4. 単にリハビリテーションの実践に携わるのではなく、自らが置かれている社会の課題を専門的視点から分析することができ、その解決手段を主体的に検討する事ができる。
    理学療法専攻 ディプロマ・ポリシー
    1. 科学的根拠に基づいた理学療法に関する専門的知識及び技術を修得するとともに、幅広い教養と技能、職業倫理感を身につけ、リハビリテーション専門職としての自覚をもった行動ができる。
    2. 人びとの多様な生活や価値観を理解し、理学療法士として臨床的問題解決に必要な知識・技能を身につけ、健康に関する課題解決に向け、科学的根拠に基づいた理学療法の実践ができる。
    3. 科学的根拠に基づいた理学療法の基礎および臨床に立脚した研究ができる素養を身につけ、得られた知識や技術を駆使し、多職種協働による対象者への支援や社会の発展に寄与できる。
    4. 最新の社会・医療情勢の把握に努め、社会のニーズや課題を総合的にとらえ、自らの能力を活用し、自己研鑽しながら、社会における課題の解決に向け、主体的に行動することができる。
    作業療法専攻 ディプロマ・ポリシー
    1. 作業療法に関する基本的な医学知識や技術とともに、多様なひとやその集団を多角的な視点で理解するための教養を身につけ、対象者の健康と社会の安寧を促進するための役割を認識した行動ができる。
    2. 生活行為の遂行や向上において問題となる事項について、心身機能や疾患特性、個人の考え、人的・物理的・制度的環境等に配慮し、全人的な評価と支援の視点で作業療法の実践ができる。
    3. 作業療法の専門性を高めるための研究・探求の重要性を理解するとともに、専門的知識に限局せずに多様な文化・学問を受け入れ、多職種協働による対象者への支援や社会の発展に寄与できる。
    4. 全人的視点から対象者が抱える問題や、社会の課題を総合的にとらえ、人びとがより豊かに日常生活の活動に参加できるよう創意工夫することができる。
    CLOSE
  • POINT05 リハビリテーション学部 カリキュラム・ポリシー POINT05 リハビリテーション学部 カリキュラム・ポリシー
    リハビリテーション学部では、大学の建学精神と教育理念に基づき、医療・保健・福祉分野の一員として、社会に貢献できる人材を育成するため、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。
    1. 初年次教育では物事を多面的にとらえて考察できる能力を身につけるために、一般教養科目と専門基礎科目を設ける。
    2. リハビリテーション専門職としてのアイデンティティーを育成し、他職種と協働して社会の課題解決に主体的に取り組む力を身につけるため、基礎演習や総合演習、ボランティア活動など実践教育の機会を設ける。
    3. 環境美化などに配慮した正課外教育を通して、他者への配慮と自己研鑽に励む態度を養うとともに、人としてのあり方を考える機会を設ける。
    4. 専門教育では、幅広い専門医学に関する知識を学ぶとともに、人びとの豊かな生活を実現するための技能を身につける科目を設ける。
    5. 専門的知識を実践力につなげるため、初年次より充実した実習の機会を設ける。
    6. 各専門分野に関する研究を主体的に行い、社会における課題解決に向けた取り組みと実践、学問体系の確立に寄与するための力を身につけるため、卒業研究を設ける。
    理学療法専攻 カリキュラム・ポリシー 理学療法専攻では、大学の建学精神と教育理念に基づき、高度な専門知識・技能を身につけ、社会に貢献できる人材を育成するため、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。また、教育課程の体系的編成については、ディプロマ・ポリシーがどの授業で達成されるかの関係を『カリキュラムマップ』で示す。さらに、学修内容、学修方法、学修成果の評価については各授業科目のシラバスで明示する。
    1. 初年次教育では人としての規範的理解、大学で学ぶための思考や能動的学習の方法を身につけるための教養科目を設ける。
    2. 教養教育では、専攻を超えて協働学習できる科目を設定し、専門職連携の理解を深め、多角的な視野を身につける機会を設ける。
    3. 専門教育では、基礎医学及び理学療法学を学ぶとともに、疾病予防、機能回復、健康推進、対象者への支援ができる能力を身につけるための専門科目を設ける。
    4. 教養・専門教育で修得した知識や技術を総合的に実践・実証し、将来を担うべく社会で活躍するための専門性を身につけるための臨床実習を設ける。
    5. 各自が興味ある専門分野に関する研究を主体的に行い、臨床や社会における実践・実証ができる力を身につけるための卒業研究を設ける。
    作業療法専攻 カリキュラム・ポリシー 作業療法専攻では、大学の建学精神と教育理念に基づき、高度な専門知識・技能を身につけ、社会に貢献できる人材を育成するため、以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。また、教育課程の体系的編成については、ディプロマ・ポリシーがどの授業で達成されるかの関係を『カリキュラムマップ』で示す。さらに、学修内容、学修方法、学修成果の評価については各授業科目のシラバスで明示する。
    1. 初年次教育では人としての規範的理解、大学で学ぶための思考や能動的学習の方法を身につけるための教養科目を設ける。
    2 .教養科目と併せ、人体の構造や仕組みなど基礎医学や作業療法の原理などの専門教育の基礎となる科目を設ける。
    3. 専門教育では、対象者の生活行為の遂行や向上に必要となる知識や技術を学ぶ科目を設ける。
    4. 教養・専門教育で修得した知識や技術を総合的に活用し実践するため、世界作業療法士連盟の基準に準拠した実習の機会を設ける。
    5. 各自が興味ある専門分野に関する研究を主体的に行い、臨床や社会での実践報告ができる力を身につけるための卒業研究を設ける。
    CLOSE
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会