障害学生学修支援相談
本学の要チェックポイント!
群馬医療福祉大学 8つの特色
1分でわかる!本学の特色
ピックアップコンテンツ
群馬医療福祉大学 Facebook
出前授業 あなたの学校にお伺いします!
教員免許状講習修了のお知らせ
地域連携
卒業生キャリア支援
もっと詳しく知りたい方は
資料請求
テレメールで資料を請求する
お問い合わせ
デジタルパンフレット
お電話でのお問い合せは
0120-870-294
学校法人 昌賢学園 群馬医療福祉大学
前橋キャンパス:社会福祉学部
〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1
TEL.027-253-0294
FAX.027-254-0294
藤岡キャンパス:看護学部
〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡787-2
TEL.0274-24-2941
FAX.0274-23-4160
本町キャンパス
リハビリテーション学部
〒371-0023 群馬県前橋市本町2-12-1
前橋プラザ元気21内(6・7F)
TEL.027-210-1294
FAX.027-260-1294
  • 群馬医療福祉大学図書館
学校法人 昌賢学園
群馬医療福祉大学大学院
群馬医療福祉大学短期大学部
群馬社会福祉専門学校
群馬医療福祉大学附属 認定こども園
鈴蘭幼稚園
  • 群馬医療福祉大学紹介ページへ

看護学科

カリキュラム・科目

変化する時代に看護と福祉の連携も学ぶ充実した施設と豊富なカリキュラム。

学びについて

高齢社会に伴い、看護師が福祉施設で従事する割合が年々高まっています。また、医療機関を退院した後に、ホームヘルパーやデイサービスなどの福祉サービスを利用する方が増えているため、患者さんの一番身近な存在である看護師が社会福祉の知識・技術を有し、退院後の生活の相談にのることで、患者さんの不安を解消することができます。福祉と医療の専門大学だからこその学びがあります。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年 一般教養領域 看護学関連領域 看護学領域
1
  • 哲学
  • 法学(日本国憲法を含む)
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動と自己省察
  • 論語
  • 人間の心理
  • 論理学
  • 社会学
  • 化学
  • 物理学
  • 情報処理演習
  • 統計の基礎
  • 生活科学
  • 道徳教育研究
  • 基礎英語
  • 医療英語
  • スポーツ科学原理
  • スポーツ演習
  • 人体構造機能学Ⅰ
  • 人体構造機能学Ⅱ
  • 人体構造機能学Ⅲ
  • 人体構造機能学Ⅳ
  • 人体構造機能学Ⅴ
  • 疾病・治療論総論
  • 疾病・治療論各論Ⅰ
  • 疾病・治療論各論Ⅱ
  • 微生物学
  • 生化学
  • 栄養学
  • 病理学
  • 臨床薬理薬物論
  • 看護学概論Ⅰ
  • 看護学概論Ⅱ
  • 看護方法論Ⅰ
  • 基礎看護援助技術Ⅰ
  • 基礎看護援助技術Ⅱ
  • 基礎看護援助技術Ⅲ
  • 基礎看護援助技術Ⅳ
  • 看護論
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 精神看護学概論
  • 精神看護援助論Ⅰ
  • 成人看護学概論
  • 高齢者看護学概論
2
  • 基礎演習Ⅱ
  • ヘルスカウンセリングの原理と方法
  • 経済学
  • 住環境福祉論
  • 教育と学習の原理
  • 教育心理学
  • 教育方法論
  • 健康教育論
  • 医療英会話
  • レクリエーション活動援助法
  • 疾病・治療論各論Ⅲ
  • 疾病・治療論各論Ⅳ
  • 疾病・治療論各論Ⅴ
  • 公衆衛生学
  • 疫学・保健統計の基礎
  • 社会保障制度
  • 社会福祉制度
  • 医療と倫理
  • リハビリテーションの基礎
  • 看護方法論Ⅱ
  • 基礎看護援助技術Ⅴ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 精神看護援助論Ⅱ
  • 母性看護学概論
  • 母性看護援助論Ⅰ
  • 母性看護援助論Ⅱ
  • 母性疾病論
  • 小児看護学概論
  • 小児看護援助論Ⅰ
  • 小児看護援助論Ⅱ
  • 小児看護援助論Ⅲ
  • 成人看護援助論Ⅰ
  • 成人看護援助論Ⅱ
  • 成人看護援助論Ⅲ
  • 成人看護援助論Ⅳ
  • 成人看護援助論Ⅴ
  • 高齢者看護援助論Ⅰ
  • 高齢者看護援助論Ⅱ
  • 高齢者看護援助論Ⅲ
  • 在宅看護学概論
  • 在宅看護援助論Ⅰ
  • 在宅看護援助論Ⅱ
  • 地域看護学概論
  • 地域看護学活動論
3
  • 専門演習Ⅰ
  • 教職概論
  • 教育課程論
  • 生徒指導論
  • 教職実践演習
  • 健康障害児・生徒支援論
  • 教育社会学
  • 疫学・保健統計の実際
  • 看護関連法規
  • 保健医療福祉政策論
  • 精神看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 成人看護学実習Ⅰ
  • 成人看護学実習Ⅱ
  • 高齢者看護学実習Ⅰ(老人保健施設等)
  • 高齢者看護学実習Ⅱ(医療施設等)
  • 在宅看護学実習
  • 公衆衛生看護学原論
  • 公衆衛生看護活動論Ⅰ
  • 公衆衛生看護活動論Ⅱ
  • 産業保健論
  • 養護概説
  • 学校保健活動論Ⅰ
  • 学校保健活動論Ⅱ
  • 施設・病棟統合実習
  • 看護活動におけるメンバー・リーダーシップ
  • 看護研究概論
  • 看護研究方法論
4
  • 専門演習Ⅱ
  • 文学論
  • 芸術論
  • 教育相談論
  • 教育総合実習Ⅰ
  • 教育総合実習Ⅱ(養護実習)
  • 韓国語
  • 看護と医療過誤
  • チーム医療論
  • 訪問看護ステーション等経営管理論
  • 公衆衛生看護活動論Ⅲ
  • 公衆衛生看護管理論
  • 公衆衛生看護学実習Ⅰ(地域実習)
  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ(学校保健実習)
  • 公衆衛生看護学実習Ⅲ(産業保健実習)
  • 感染・災害看護と危機管理(国際協力含む)
  • 看護学教育論
  • クリティカルケア特論
  • 家族援助論
  • 看護研究セミナー

ページトップへ

科目紹介

1年次
人体構造機能学Ⅰ
看護の対象となる人体について理解するため、人体が日常生活を送る上でどのような構造をもち機能しているかを理解するとともに、疾病によって受ける変化を学習するための土台となる科目です。
2年次
小児看護援助論
小児の成長発達、自立に向けた日常生活支援、子どもの安全等、小児看護を実践する上で必要な基礎知識を学び、実践できる能力を養います。
3年次
成人看護学実習Ⅱ
急性期・回復期にある患者及び家族への支援の内容を理解すると同時に、患者への適切な看護の提供について実践を通し学びます。
4年次
公衆衛生看護学実習Ⅰ
保健所・市町村保健センターで行われている保健活動に参加し、地域の健康特性や、住民の健康ニーズを理解します。

教員メッセージ

教員 樋口 キエ子
主体性を持ち新たな発見の中で
自身を磨いて欲しい。
疾病や障がいを抱えても「自分らしく過ごしたい」と誰もが望むことでしょう。対象者が望む生活過程を整える看護職は「ライフサポ-タ-」としての役割を果たしています。
大学は、新たな発見を自分の手で模索する場です。その為には主体的に学ぶ、対象者への的確なアセスメント・ケアの実施、人間としての自身を磨くことです。大切なものは何かを発見する過程を惜しまず大学生活を豊かに過ごしてほしいと思います。

ページトップへ

サイトマップ