看護学部 看護学科

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

教育課程にある「看護学」をしっかり学ぶことで、看護専門職者「看護師」「保健師」の国家試験受験資格が取得できます。(さらに「教職課程」の履修により、「養護教諭一種教員免許」が得られます。)

  • 学びについて 目に見える成長
    「看護学」を福祉に結びつけて基礎から応用へ、理論から実践へと学びます。
    地域一帯が学びの場
    看護学実習やボランティア活動は、藤岡市を中心に、さらにその周辺の地域住民のための保健医療福祉を実践で学びます。
  • 育成する人材 あらゆる健康レベルや場において、人々が快適で安全に安心して生活できるよう、理論・知識・根拠に基づき的確に看護を実践できる技術と能力を有する看護職を養成します。看護師、保健師を養成する課程に加え、教員を養成するカリキュラムも設定し、多方面で活躍できる人材を養成します。
    また、看護は、看護職と看護を必要とする人との人間関係形成により援助が進行するものです。看護職は、人間の尊厳を重視し、安心感を与える態度、対応が求められると共に、看護行為を実施する上では、すべての人に対する人権の擁護と倫理的判断ができるよう常に思考することが肝要です。
    住民の健康に対するニーズの増大や価値観の多様化などに伴い、看護職に対する需要は増大、複雑化してきており、このような地域の看護需要に対応することが必須になるでしょう。
    このため、保健医療福祉などの学びに加えて、幅広い分野・職種と連携し、創造的、主体的に学習することで、積極的に地域社会における住民の健康の保持増進に貢献できる人材育成を行います。

活躍が期待される場所

  • 病院
  • 保健所、地方自治体
  • 訪問看護ステーション
  • 看護の教育機関
  • 企業での健康管理
  • 健医療福祉サービス提供事業所 など
  • 診療所
  • 学校の保健室
  • 企業、団体の研究所
  • 海外での看護活動
  • 老人保健施設、老人福祉施設

目標とする資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 保健師国家試験受験資格
  • 養護教諭一種免許状
  • 養護教諭二種免許状 ※
  • 第一種衛生管理者免許 ※
  • ケアマネジャー受験資格

※ 保健師国家試験に合格し申請することで得られる資格です。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

変化する時代に看護と福祉の連携も学ぶ充実した施設と豊富なカリキュラム。

  • 学びについて 高齢社会に伴い、看護師が福祉施設で従事する割合が年々高まっています。また、医療機関を退院した後に、ホームヘルパーやデイサービスなどの福祉サービスを利用する方が増えているため、患者さんの一番身近な存在である看護師が社会福祉の知識・技術を有し、退院後の生活の相談にのることで、患者さんの不安を解消することができます。福祉と医療の専門大学だからこその学びがあります。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年一般教養領域看護学関連領域看護学領域
1年次
  • 哲学
  • 法学(日本国憲法を含む)
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動と自己省察
  • 論語
  • 人間の心理
  • 論理学
  • 社会学
  • 化学
  • 物理学
  • 情報処理演習
  • 統計の基礎
  • 生活科学
  • 道徳教育研究
  • 基礎英語
  • 医療英語
  • スポーツ科学原理
  • スポーツ演習
  • 人体構造機能学Ⅰ
  • 人体構造機能学Ⅱ
  • 人体構造機能学Ⅲ
  • 人体構造機能学Ⅳ
  • 人体構造機能学Ⅴ
  • 疾病・治療論総論
  • 疾病・治療論各論Ⅰ
  • 疾病・治療論各論Ⅱ
  • 微生物学
  • 生化学
  • 栄養学
  • 病理学
  • 臨床薬理薬物論
  • 看護学概論Ⅰ
  • 看護学概論Ⅱ
  • 看護方法論Ⅰ
  • 基礎看護援助技術Ⅰ
  • 基礎看護援助技術Ⅱ
  • 基礎看護援助技術Ⅲ
  • 基礎看護援助技術Ⅳ
  • 看護論
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 精神看護学概論
  • 精神看護援助論Ⅰ
  • 成人看護学概論
  • 高齢者看護学概論
2年次
  • 基礎演習Ⅱ
  • ヘルスカウンセリングの原理と方法
  • 経済学
  • 住環境福祉論
  • 教育と学習の原理
  • 教育心理学
  • 教育方法論
  • 健康教育論
  • 医療英会話
  • レクリエーション活動援助法
  • 疾病・治療論各論Ⅲ
  • 疾病・治療論各論Ⅳ
  • 疾病・治療論各論Ⅴ
  • 公衆衛生学
  • 疫学・保健統計の基礎
  • 社会保障制度
  • 社会福祉制度
  • 医療と倫理
  • リハビリテーションの基礎
  • 看護方法論Ⅱ
  • 基礎看護援助技術Ⅴ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 精神看護援助論Ⅱ
  • 母性看護学概論
  • 母性看護援助論Ⅰ
  • 母性看護援助論Ⅱ
  • 母性疾病論
  • 小児看護学概論
  • 小児看護援助論Ⅰ
  • 小児看護援助論Ⅱ
  • 小児看護援助論Ⅲ
  • 成人看護援助論Ⅰ
  • 成人看護援助論Ⅱ
  • 成人看護援助論Ⅲ
  • 成人看護援助論Ⅳ
  • 成人看護援助論Ⅴ
  • 高齢者看護援助論Ⅰ
  • 高齢者看護援助論Ⅱ
  • 高齢者看護援助論Ⅲ
  • 在宅看護学概論
  • 在宅看護援助論Ⅰ
  • 在宅看護援助論Ⅱ
  • 地域看護学概論
  • 地域看護学活動論
3年次
  • 専門演習Ⅰ
  • 教職概論
  • 教育課程論
  • 生徒指導論
  • 教職実践演習
  • 健康障害児・生徒支援論
  • 教育社会学
  • 疫学・保健統計の実際
  • 看護関連法規
  • 保健医療福祉政策論
  • 精神看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 成人看護学実習Ⅰ
  • 成人看護学実習Ⅱ
  • 高齢者看護学実習Ⅰ(老人保健施設等)
  • 高齢者看護学実習Ⅱ(医療施設等)
  • 在宅看護学実習
  • 公衆衛生看護学原論
  • 公衆衛生看護活動論Ⅰ
  • 公衆衛生看護活動論Ⅱ
  • 産業保健論
  • 養護概説
  • 学校保健活動論Ⅰ
  • 学校保健活動論Ⅱ
  • 施設・病棟統合実習
  • 看護活動におけるメンバー・リーダーシップ
  • 看護研究概論
  • 看護研究方法論
4年次
  • 専門演習Ⅱ
  • 文学論
  • 芸術論
  • 教育相談論
  • 教育総合実習Ⅰ
  • 教育総合実習Ⅱ(養護実習)
  • 韓国語
  • 看護と医療過誤
  • チーム医療論
  • 訪問看護ステーション等経営管理論
  • 公衆衛生看護活動論Ⅲ
  • 公衆衛生看護管理論
  • 公衆衛生看護学実習Ⅰ(地域実習)
  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ(学校保健実習)
  • 公衆衛生看護学実習Ⅲ(産業保健実習)
  • 感染・災害看護と危機管理(国際協力含む)
  • 看護学教育論
  • クリティカルケア特論
  • 家族援助論
  • 看護研究セミナー

科目紹介

  • 1年次 人体構造機能学Ⅰ 看護の対象となる人体について理解するため、人体が日常生活を送る上でどのような構造をもち機能しているかを理解するとともに、疾病によって受ける変化を学習するための土台となる科目です。
  • 2年次 小児看護援助論 小児の成長発達、自立に向けた日常生活支援、子どもの安全等、小児看護を実践する上で必要な基礎知識を学び、実践できる能力を養います。
  • 3年次 成人看護学実習Ⅱ 急性期・回復期にある患者及び家族への支援の内容を理解すると同時に、患者への適切な看護の提供について実践を通し学びます。
  • 4年次 公衆衛生看護学実習Ⅰ 保健所・市町村保健センターで行われている保健活動に参加し、地域の健康特性や、住民の健康ニーズを理解します。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会