障害学生学修支援相談
本学の要チェックポイント!
群馬医療福祉大学 8つの特色
1分でわかる!本学の特色
ピックアップコンテンツ
群馬医療福祉大学 Facebook
出前授業 あなたの学校にお伺いします!
教員免許状講習修了のお知らせ
地域連携
卒業生キャリア支援
もっと詳しく知りたい方は
資料請求
テレメールで資料を請求する
お問い合わせ
デジタルパンフレット
お電話でのお問い合せは
0120-870-294
学校法人 昌賢学園 群馬医療福祉大学
前橋キャンパス:社会福祉学部
〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1
TEL.027-253-0294
FAX.027-254-0294
藤岡キャンパス:看護学部
〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡787-2
TEL.0274-24-2941
FAX.0274-23-4160
本町キャンパス
リハビリテーション学部
〒371-0023 群馬県前橋市本町2-12-1
前橋プラザ元気21内(6・7F)
TEL.027-210-1294
FAX.027-260-1294
  • 群馬医療福祉大学図書館
学校法人 昌賢学園
群馬医療福祉大学大学院
群馬医療福祉大学短期大学部
群馬社会福祉専門学校
群馬医療福祉大学附属 認定こども園
鈴蘭幼稚園
  • 群馬医療福祉大学紹介ページへ

看護学部

人間を理解し、病気の成り立ちを学びます。 病気の人やその家族が幸せになれるよう、本気で考え、根拠をもって 看護活動ができる、看護師・保健師・養護教諭を育成します。

本学が目指す看護師は、福祉に強い福祉連携型の看護専門職者です。社会福祉学部、リハビリテーション学部、短期大学部介護福祉学科との交流や教育活動により、チーム医療、チームケアについても学べるカリキュラムを編成しています。病気やケガに向き合うだけでなく、まずは人間を理解すること。患者さんやそのご家族に寄り添った看護を行い、医療サービスと福祉サービスを効果的に結びつけ、患者さんとご家族にとって最善の選択ができるよう、根拠をもってケアすることのできる看護職者を目指します。

学んだことをすぐに実践できる

学んだことをすぐに実践できる 大学の近くに看護実習ができる総合病院があります。そこは、学生にとって実習先であると同時に、病院内で患者さんとレクリエーション交流を行うスマイルサロンという活動の場でもあります。レクリエーション活動をしながら、患者さんの体調を見守る役割も果たしています。見守るという体験を通し、看護師としての“気づき”の視点を学びます。

多彩な教員陣が教育を行う

多彩な教員陣が教育を行う 「看護学」だけでなく、人体構造機能学においても看護師・保健師の免許を持つ教員が教え、看護に関連する科目は看護にひきよせて学べるように、多彩な教員陣を揃えています。 看護専門職者の看護専門職者による看護専門職者のための教育を行います。

あたたかい心のこもった育成方針

あたたかい心のこもった育成方針 ナイチンゲールの哲学と精神を看護教育で実行します。
看護を必要とする方の不安や痛みを理解し、寄り添うために、「理性的関心」、「技術的関心」、そして何よりも「深くあたたかい心のこもった関心」を持つ看護師・保健師・養護教諭の育成を行います。

地域密着の交流を通して医療を学ぶ

地域密着の交流を通して医療を学ぶ チャレンジキッズフェスタや藤岡市民活動フェスタといったイベントの企画・運営を通し、地域住民の健康について考察し、地域保健活動を実践しています。また、御巣鷹山慰霊登山への参加に際しては、日航機墜落事故について事前学習をし、地元の医療機関がどのような役割を果たしたかを学び、医療従事者としての自覚を養います。

看護学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

看護学部看護学科では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]
1. 看護学の観点から人間、環境、健康、看護の概念における基礎的知識と幅広い教養を身につけている。
[汎用的技能]
2. 看護専門職者として、相互の立場を尊重した適切なコミュニケーション能力を身につけている。
3. 人々が健康な生活を送るための情報を、様々な方法によって収集することができ、収集した情報を科学的・論理的分析を行い、適切な問題の把握と解決ができる能力を身につけている。
4. 人々の健康に関する課題解決に向けて、科学的根拠に基づき、安全・安楽・自立を基本とした看護実践が提供できるための基礎的な実践力を身につけている。
[態度・志向性]
5. 自己の看護の向上に向けて、看護の振り返りや自己洞察を行い、建学の精神である「仁」を具現化し、実践しようとする姿勢を身につけている。
6. 多職種と協働・連携しながら看護職者の位置づけと役割を認識し、チームワーク、リーダーシップ、マネージメント力を発揮するための基礎的能力を身につけている。
7. 生命への畏敬の念と人間の尊厳を守るための高い倫理観、看護の役割・機能を果たすための責任感、行動力を身につけている。
8. 国内外における社会と健康問題の情勢に興味・関心を持ち、生涯にわたって自己研鑽し続ける姿勢を身につけている。
[統合的な学習経験と創造的思考力]
9. 自らが獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、看護専門職者に求められる新たな課題を主体的に解決する能力を身につけている。

看護学部 カリキュラム・ポリシー

看護学部は、建学の精神「仁」、教育理念としての「知行合一」の精神の基に、人間力の涵養として「全学共通科目」を配置し、実践の科学である「看護学」は、文部科学省・厚生労働省令「保健師助産師看護師学校養成所指定規則」の規定に基づき編成する。
看護学の概念は、『人間』を中心として互いに影響しあう『環境』『健康』『看護』の4つの概念の思考を基盤とし、その上に専門職業人としての探究心を育み、人間性豊かな幅広い教養を身に付け、科学的根拠に基づいた看護活動が展開できる能力を身に付けられるように教育課程を構成する。具体的には、全ての学生が看護師国家試験受験資格を、また選抜により保健師国家試験受験資格を同時に得られる教育内容で構成し、さらに保健師資格で取得可能な養護教諭二種免許状から、よりレベルの高い養護教諭一種免許状取得可能な教育課程を構成する。教育課程の編成方針は以下のとおりであり、教育課程の体系的編成については、ディプロマ・ポリシーがどの授業で達成されるかの関係を『カリキュラムマップ』で展開し、授業科目の履修順序性や関連性を『カリキュラム履修系統図』で構築し体系化する。さらに、学修内容、学修方法、学修成果の評価については各授業科目のシラバスで明示する。

1. 建学の精神「仁」、「知行合一」の教育理念の基に人間力を涵養する教育課程を編成する

  • 1. 「仁:真心」の建学の精神を学ぶために、一般教養領域の基礎演習Ⅰ・Ⅱ、総合演習Ⅰ・Ⅱ(専門演習)また、コミュニケーション能力を身に付けるためにもボランティア活動と自己省察を全学共通科目として配置する。
  • 2. 人として必要な高い倫理観、および幅広い教養と豊かな人間性を育成するために、「一般教養領域」群に人文社会科学系の科目を配置する。

2. 看護専門職業人としての専門力を育成する教育課程を編成する

  • 1. 看護の概念枠組みである人間・環境・健康の理解、また、看護の対象者を理解し基礎・基本から実践・応用まで看護学の理論と技術を深め、実践できる能力を身につけるために「看護学領域」の群を配置する。
  • 2. 看護を実践するためには、対象者の心身に起きている状況を理解し、その人に応じた健康課題をアセスメントするための知的基盤が必要である。そのために、「看護関連領域」群に医学自然科学系の科目を配置する。
  • 3. 専門知識や技術を統合・汎用し、情報検索・収集、情報の量的・質的な分析、問題解決能力を身に付けるために「一般教養領域」群に自然科学系の科目を配置する。
  • 4. 人々の健康と生活の質を高める看護を実践するためには、社会資源を評価し活用できる基礎的知識と技術が必要で、また、多職種の役割理解と看護の役割、チーム連携方法なども身に付ける必要がある。そのために「看護関連領域」群に社会科学系科目を配置する。
  • 5. 既習の知識や体験を総合し、自己の課題を明確にして、看護実践能力の向上と卒業後のキャリア形成につなげるために「看護学領域」群に統合分野を配置する。
  • 6. 地域で生活する人々が、より健康に安心して暮らせる支援を目指す保健師は、専門知識・技術の修得を身に付ける必要がある。そのために、選抜制となるが、統合教育を基盤とし、看護師・保健師の両国家試験受験資格に係る科目を必修として配置する。
  • 7. 保健・医療と連携・協働できる養護教諭の育成を目指し、選択制で、養護教諭1種免許を取得できるための課程を設けている。主な知識、技術を身に付けるために、「一般教養領域」群に、教育学系の科目を配置する。

看護学部 看護学科

看護学部 看護学科

教育課程にある「看護学」をしっかり学ぶことで看護専門職者「看護師」「保健師」の国家試験受験資格が取得できます。

ページトップへ

サイトマップ