EN

短期大学部 医療福祉学科 介護福祉コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

介護福祉士受験資格を取得し、高齢者分野だけでなく、障がい児・者分野など多くの場で活躍できる福祉のスペシャリストを養成します。

  • 学びについて 介護福祉士にとって必要な基礎知識を身につけ、高齢者の方々へ「あなたが必要だ」と思っていただけるような心に寄り添う支援者の養成を目指します。また、高齢者分野だけでなく障がいを抱えた方々へのサポートについても学び、不安を抱えた全ての人々へ支援を行なうことができるような実践力を培います。
  • 育成する人材 介護福祉士として、特別養護老人ホームや、介護老人保健施設、デイサービスセンター、有料老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者支援施設、重症心身障害児施設など様々な分野での活躍が期待されます。さらに、本学での学びを活かし、介護リーダーとして活躍が期待されます。

活躍が期待される場所

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 高齢者デイサービスセンター
  • 訪問介護事業所
  • 特定福祉用具販売事業所
  • 都道府県・市町村の社会福祉行政機関・相談機関
  • 社会福祉協議会等の社会福祉関係団体
  • 病院(総合病院、一般病院)
  • 老人保健センター
  • 福祉サービス関連企業
  • 障害者支援施設
  • 重症心身障害児施設

目標とする資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉用具専門相談員 ※1
  • ケアマネジャー受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • アクティビティ・ワーカー
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級
  • 介護保険事務士(介護事務)

※1 介護福祉士国家資格を取得した場合、福祉用具専門相談員の資格を兼ねます。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、試験に合格することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年科目学年科目
1年次
[基礎科目]
道徳教育
スポーツ及びレクリエーション実技
ソーシャルワーク入門
マスメディア論
[専門科目]
基礎演習
ボランティア活動Ⅰ
[介護福祉士科目]
人間の尊厳と自立(哲学)
人間関係とコミュニケーション
社会と制度の理解
介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ
生活支援技術Ⅱ
介護過程の展開Ⅰ
介護総合演習Ⅰ
生活支援実習Ⅰ-①
生活支援実習Ⅱ-①
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみⅠ
医療的ケアⅠ
[コース科目]
介護福祉特講Ⅰ
手話
点字
2年次
[基礎科目]
英語Ⅰ
英語Ⅱ
情報処理演習
[専門科目]
総合演習
ボランティア活動Ⅱ
[介護福祉士科目]
介護報酬請求事務
福祉住環境
障害者スポーツ
レクリエーション活動援助法
介護の基本Ⅲ
生活支援技術Ⅲ
生活支援技術Ⅳ
生活支援技術Ⅴ
介護過程の展開Ⅱ
介護過程の展開Ⅲ
介護総合演習Ⅱ
生活支援実習Ⅰ-②
生活支援実習Ⅱ-②
こころとからだのしくみⅡ
医療的ケアⅡ
医療的ケアⅢ
医療的ケアⅣ
[コース科目]
介護福祉特講Ⅱ
アクティビティ援助技術
[講座等]
アロマセラピー
ネイルケア
リンパケア
就職指導

科目紹介

  • 介護の基本Ⅰ 国家資格誕生の社会的背景を学び、介護の意義と役割、介護の歴史や関連法規を通じて理解し、介護の基本的な姿勢や介護の倫理などについて学びます。
  • 手話 コミュニケーション手段としての基本的な手話を習得します。聴覚障害者の生活、福祉等の歴史や現状を学び、コミュニケーションの必要性や伝えることの大切さを学びます。
  • 生活支援技術Ⅰ・Ⅱ 介護者として相手を良く理解し、適切な介護を提供できるよう、技術の基本的知識、科学的根拠に基づいた介護技術について学びます。
  • 生活支援実習 介護提供施設、利用者や家族との関わり、介護福祉士として必要な資質、個別援助計画の立案・実施・評価等、総合的に対応できる能力を習得します。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会