社会福祉学科 子ども専攻 児童福祉コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

保育士資格・幼稚園教諭・社会福祉士受験資格取得で、様々な問題に対して相談援助の出来る児童福祉のスペシャリストをめざします。(社会福祉士・保育士・幼稚園教諭免許状が取得可能)

  • 学びについて 社会福祉への幅広い視野と知識を身につけ、社会福祉士受験資格取得を目指し、資質の高い児童福祉に関する専門家の育成を目指します。現代社会の大きな問題となっている、虐待・非行・いじめ・不登校等々の問題に対応できる知識・技術を身につけ、子どもの発達や保育、母子・父子家庭の問題などを学び、保育士資格・幼稚園教諭免許取得も目指します。
  • 育成する人材 社会福祉士資格を生かして、児童相談所等のソーシャルワーカーとして児童福祉行政に携わったり、保育士資格を生かして、保育所や児童養護施設、障がい児施設等の保育士や児童指導員、また、幼稚園教諭としての道もあり、いろいろな場面で「子ども」の心身ともに健全な育成・発達に関わる仕事に就きたいと考えている人が学ぶコースです。

活躍が期待される場所

  • 都道府県・市町村等の社会福祉行政・相談機関
     (福祉事務所、児童相談所等)
  • 保育所
  • 児童養護施設
  • 知的障害児施設
  • 知的障害者支援施設
  • 病院(総合病院・一般病院・精神病院)
  • 社会福祉協議会等の社会福祉関係団体
  • 幼稚園
  • 肢体不自由児施設
  • その他の児童福祉施設
  • 老人福祉施設

目標とする資格

  • 保育士国家資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • レクリエーション・インストラクター
  • アクティビティ・ワーカー
  • 福祉用具専門相談員 ※1
  • 介護職員初任者研修課程 ※2
  • 児童福祉司任用資格(1年以上の実務要)
  • ケアマネジャー受験資格

※1 福祉用具専門相談員は法人として厚生労働省より指定されており、その講習を修了することによって資格が得られます。
※2 旧 訪問介護員のことです。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • :本学が指定した講習等を受講し修了することで得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

豊かな人間性で子育てを支援するプロフェッショナルを目指して。

  • 学びについて 少子高齢社会へ進行している現在において、少年犯罪、実父母による児童虐待、子育てへのストレス、いじめ、不登校など児童を取り巻く環境は決して良いものとは言えないでしょう。この児童福祉コースでは「地域子育て支援社会構築」「保育所の保育士スーパーバイザー」「家庭子育てのアドバイザー」等で実際場面を中心に総合的に学び、児童福祉の現場で実際に働く職員に求められるセンスや感性を身につけます。社会福祉士国家試験受験資格を取得することによって子どもを保育・養護するだけでなく相談援助のできる真の児童福祉のスペシャリストを目指します。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎教養科目専門科目
1年次
  • 哲学
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 道徳教育
  • 健康論
  • スポーツ及びレクリエーション実技
  • 情報処理演習
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 教育原理
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 国際文化論
  • 美術技法
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 保健医療サービス
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉心理学
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会福祉史
  • 保育原理Ⅰ
  • 発達心理学(保育の心理学Ⅰ)
  • 教育心理学(保育の心理学Ⅱ)
  • 保育内容(健康)
  • 保育内容(環境)
  • 保育の表現技術Ⅰ音楽
  • 保育の表現技術Ⅰ図画工作
  • 保育の表現技術Ⅰ体育
  • 社会福祉特講Ⅰ
2年次
  • 倫理学
  • 日本国憲法
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 韓国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ
  • 経済学
  • 日本史Ⅰ
  • 日本史Ⅱ
  • 世界史
  • 地理学
  • 基礎演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 現代社会と福祉
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援法
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 教職概論
  • 教育社会学
  • 相談援助演習Ⅱ
  • 相談援助実習指導Ⅰ
  • 社会保障
  • 社会調査の基礎
  • 公衆衛生学
  • 生活科概論
  • 介護技術Ⅰ
  • 教育方法論
  • 社会的養護Ⅰ
  • 社会的養護Ⅱ
  • 子どもの食と栄養
  • 児童文化(演習)
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容(表現)
  • 社会的養護内容
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法A)
  • 社会福祉特講Ⅱ
3年次
  • 福祉情報処理
  • 児童文学
  • レクリエーション活動援助法
  • 専門演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅲ
  • 読書指導と文芸
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅲ
  • 相談援助実習指導Ⅱ
  • 相談援助実習
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会福祉法制
  • 青少年の理解と援助
  • 介護技術Ⅱ
  • 特別活動研究
  • 生徒指導論
  • 教育相談論
  • 学校経営と学校図書館
  • 学校図書館メディアの構成
  • 学習指導と学校図書館
  • 読書と豊かな人間性
  • 情報メディアの活用
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 乳児保育Ⅰ
  • 保育実習Ⅰ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅰ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 保育原理Ⅱ
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児美術指導法)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法B)
  • 臨床心理学
  • 保育者論
  • 保育課程論
  • 卒業研究
  • 社会福祉特講Ⅲ
  • 介護体験実習Ⅰ
  • 介護体験実習Ⅱ
  • 介護体験実習指導
4年次
  • 英会話
  • 政治学Ⅰ
  • 政治学Ⅱ
  • 人間と宗教
  • 生涯学習概論
  • マスメディア論
  • 特設科目・論語
  • 専門演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅳ
  • カウンセリング
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 更生保護制度
  • 就労支援サービス
  • 福祉事務所運営論
  • 国際福祉論
  • 住環境福祉論
  • アクティビティ・サービス援助技術
  • 幼児理解
  • 幼稚園教育実習事前事後指導
  • 幼稚園教育実習
  • 地域子育て支援論
  • 人権教育論
  • 保育教職実践演習
  • 子どもの保健Ⅰ
  • 家庭支援論
  • 保育内容(総論)
  • 障害児保育
  • 保育実習Ⅱ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅱ(保育所)
  • 保育教職実践演習
  • 乳児保育Ⅱ
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法C)
  • 卒業研究
  • 社会福祉特講Ⅳ

科目紹介

  • 1年次 児童文化(演習) 保育現場における児童文化財の活用・実践を理解し、ペープサートやエプロンシアターなどの製作・発表を通して、表現活動と児童文化財とを結びつける遊びの展開を学びます。
  • 2年次 相談援助演習Ⅱ 実習と関連付けながら、ソーシャルワーク実践の基礎技術である面接・記録技法を習得し、ロールプレイやグループワークを通してより実践的・体験的な演習方法で学びを深めます。
  • 3年次 保育実習Ⅰ 保育所・保育園の役割と機能、乳幼児の理解、保育士の役割と業務の理解、実際の保育内容等、将来、保育現場または児童福祉の現場で働く保育士像を描けるよう学びを深めます。
  • 4年次 保育教職実践演習 講義や実習で学んだ様々な体験をもとに、実践的指導力を有する保育者としてのスキルを高めます。保育現場に立つ使命感、責任感が高まります。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会