EN

社会福祉学科 子ども専攻 初等教育コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

乳幼児期から小学校に至るまで児童に対する保育・教育のスペシャリストを養成します。(保育士・幼稚園教諭・小学校教諭免許状が取得可能)

  • 学びについて 小学校と幼稚園の両方の教諭免許、また幼稚園教諭と保育士の両方の資格、さらにそれらを全て目指すことも可能です。幼稚園と小学校との連携、幼稚園と保育所の一元化が推進されている今、複数の免許・資格を持つことは就職等でも大きな強みとなるはずです。また、教育現場では柔軟に対応できる教育力のある教員が求められており、総合的な現場に対応できるよう、福祉や心理学も学び、健全な人間関係を育む能力を養います。
  • 育成する人材 幼稚園教諭免許取得を基本にして、保育士資格を併せて取得することにより幼児教育・福祉の専門家となるか、小学校教諭免許を併せて取得することにより、幼稚園から小学校に至るまでの初等教育の専門家となるか、またそのいずれも目指すか。人格の発達段階においても極めて重要な時期において、教員として活躍したい人が学ぶコースです。

活躍が期待される場所

  • 小学校
  • 都道府県・市町村等の社会福祉行政・相談機関
     (福祉事務所、児童相談所等)
  • 幼稚園
  • 保育所
  • その他の児童福祉施設
  • 老人福祉施設
  • 子育て支援センター
  • 社会福祉協議会等の社会福祉関係団体
  • 児童養護施設
  • 障害者支援施設
  • 病院(総合病院・一般病院・精神病院)
  • 福祉サービス関連企業

目標とする資格

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 保育士国家資格
  • 小学校教諭一種免許状
  • 学校図書館司書教諭免許状
  • レクリエーション・インストラクター
  • アクティビティ・ワーカー
  • 福祉用具専門相談員
  • 介護職員初任者研修課程 ※
  • 児童福祉司任用資格(1年以上の実務要)
  • ケアマネジャー受験資格

※ 旧 訪問介護員のことです。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • :本学が指定した講習等を受講し修了することで得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

子どもの健やかな成長をサポートし、学ぶ楽しさを伝える。

  • 学びについて 子ども達の将来の幸せを願い、十分な学力と豊かな人間性、たくましく生きていく力をつけるため、乳幼児期から児童期にかけては、一人ひとりの人間形成のために十分な力を注がれなければいけません。初等教育コースでは、人間形成の初期段階に深い関わりをもつ、保育や初等教育の専門的な研究や学習を通して、豊かな教養と児童教育の専門知識を身につけた、人間性豊かな保育士や幼稚園教諭、小学校教諭等の保育・教育のプロフェッショナルを養成していきます。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎教養科目専門科目
1年次
  • 哲学
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 道徳教育
  • 健康論
  • スポーツ及びレクリエーション実技
  • 情報処理演習
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 教育原理
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 国際文化論
  • 美術技法
  • 音楽(一般)
  • チームケア入門Ⅰ
  • 医療・福祉・教育の基礎
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 保健医療サービス
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉心理学
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 保育原理Ⅰ
  • 保育の心理学Ⅰ
  • 保育の心理学Ⅱ
  • 保育の表現技術Ⅰ(図画工作)
  • 保育の表現技術Ⅰ(体育)
  • 保育の表現技術Ⅰ(音楽)
  • 保育内容(環境)
  • 保育内容(健康)
2年次
  • 倫理学
  • 日本国憲法
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 韓国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ
  • 経済学
  • 日本史Ⅰ
  • 日本史Ⅱ
  • 世界史
  • 地理学
  • 基礎演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • チームケア入門Ⅱ
  • 現代社会と福祉
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援法
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 教職概論
  • 教育社会学
  • 相談援助演習Ⅱ
  • 公衆衛生学
  • 国語科概論
  • 社会科概論
  • 数学概論
  • 理科概論
  • 生活科概論
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(言葉)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法A)
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 児童文化(演習)
  • 介護技術Ⅰ
  • 教育方法論
  • 社会的養護Ⅰ
  • 社会的養護Ⅱ
  • 社会的養護内容
  • 音楽概論
  • 美術概論
  • 家庭科概論
  • 体育概論
  • 障害児保育Ⅰ
  • 子どもの食と栄養
3年次
  • 福祉情報処理
  • 児童文学
  • レクリエーション活動援助法
  • 総合演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅲ
  • 社会福祉法制
  • 臨床心理学
  • 小学校教科教育法(国語)
  • 小学校教科教育法(算数)
  • 小学校教科教育法(図工)
  • 小学校教科教育法(体育)
  • 初等教育実習事前事後指導
  • 介護技術Ⅱ
  • 特別活動研究
  • 生徒指導論
  • 教育相談論
  • 学校経営と学校図書館
  • 学校図書館メディアの構成
  • 学習指導と学校図書館
  • 読書と豊かな人間性
  • 情報メディアの活用
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 乳児保育Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 保育実習指導Ⅰ(保育所)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児美術指導法)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法B)
  • 保育者論
  • 保育課程論
  • 保育原理Ⅱ
  • 介護体験実習Ⅰ
  • 介護体験実習Ⅱ
  • 介護体験実習指導
  • 保育内容(表現)
  • 保育実習Ⅰ(保育所)
  • 卒業論文指導
4年次
  • 英会話
  • 政治学Ⅰ
  • 政治学Ⅱ
  • 人間と宗教
  • 生涯学習概論
  • マスメディア論
  • 特設科目・論語
  • 総合演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅳ
  • 読書指導と文芸
  • カウンセリング
  • 国際福祉論
  • 住環境福祉論
  • アクティビティ・サービス援助技術
  • 幼児理解
  • 幼稚園教育実習事前事後指導
  • 幼稚園教育実習
  • 地域子育て支援論
  • 家庭支援論
  • 人権教育論
  • 小学校教科教育法(社会)
  • 小学校教科教育法(理科)
  • 小学校教科教育法(生活)
  • 小学校教科教育法(音楽)
  • 小学校教科教育法(家庭)
  • 初等教育実習事前事後指導
  • 小学校教育実習
  • 教職実践演習(小学校)
  • 子どもの保健Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 障害児保育Ⅱ
  • 保育教職実践演習
  • 保育内容(総論)
  • 保育実習指導Ⅱ(保育所)
  • 保育実習Ⅱ(保育所)
  • 保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法C)
  • 青少年の理解と援助
  • 卒業論文
  • 海外医療福祉研修(フィリピン)1~3年次選択科目
  • 海外語学研修(カナダ)1~4年次選択科目

科目紹介

  • 1年次 保育の表現技術(ピアノ) 現場で求められている表現活動として、音楽・楽譜に対する基礎知識やピアノ演奏についての基本技術を身に付け、実践できるようになることを目指します。
  • 2年次 食と栄養 小児の健康と食事の関わり、食事の位置づけ、食事の食べさせ方などに重点を置き、自らの食生活を確立できる指導を目指します。
  • 3年次 小学校教育法(算数) 小学校の教材に即した指導方法を実践的に深めて模擬授業を行い、小学校教師としての算数指導力を磨きます。
  • 4年次 小学校教育実習 教育経験の場である教育実習では、講義・演習を通して得た専門的知識・技能を生かし、教育者としての資質・能力の向上を図ります。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会