東日本大震災災害復興シンポジウムを
開催しました
11月19日(土)の昌賢祭の企画として、「東日本大震災災害復興シンポジウム〜その時 現場では何がおこっていたのか 小名浜ときわ苑では 〜」というタイトルでシンポジウムを開催しました。本学は、福祉・医療系の大学ということもあり、災害のときにどのような支援ができるのかについて震災以来考えてきました。そこで今回は、地域の方たちと一緒に災害が起きたときにはどのような対応が必要なのかについて考える機会として開催しました。参加者には、地域の方々、施設職員、高校生など、多くの方々が参加してくださいました。
実際の話には、被災した後の状況について詳しく述べられ、参加者の皆さんは真剣に聞いていらっしゃいました。被災地の経験から我々ができることとはどのようなことなのか…それぞれの答えはまだ見つからないかもしれませんが、今回のシンポジウムでより震災について意識を高める機会となりました。このシンポジウムで終わらせるのではなく、これからも昌賢学園としてできることを考えていけたらと思います。