本学の要チェックポイント!
群馬医療福祉大学 8つの特色
1分でわかる!本学の特色
ピックアップコンテンツ
群馬医療福祉大学 Facebook
出前授業 あなたの学校にお伺いします!
地域連携
卒業生キャリア支援
もっと詳しく知りたい方は
資料請求
お問い合わせ
デジタルパンフレット
お電話でのお問い合せは
0120-870-294
学校法人 昌賢学園 群馬医療福祉大学
前橋キャンパス:社会福祉学部
〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1
TEL.027-253-0294
FAX.027-254-0294
藤岡キャンパス:看護学部
〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡787-2
TEL.0274-24-2941
FAX.0274-23-4160
本町キャンパス
リハビリテーション学部
〒371-0023 群馬県前橋市本町2-12-1
前橋プラザ元気21内(6・7F)
TEL.027-210-1294
FAX.027-260-1294
  • 群馬医療福祉大学図書館
学校法人 昌賢学園
群馬医療福祉大学大学院
群馬医療福祉大学短期大学部
群馬社会福祉専門学校
群馬医療福祉大学附属鈴蘭幼稚園
  • テレメールで資料を請求する
  • 群馬医療福祉大学紹介ページへ

就職特集

群馬社会福祉専門学校から数えると約5,000人以上の卒業生を輩出している本学園。様々な分野で活躍する卒業生たちが今の福祉・医療の現場を支えています。現場でベテランになった彼らに、その仕事の楽しい部分から苦労する部分までを聞くことで、自分が進むべき道がきっと開けるはずです。

Professional of

生活相談員

特別養護老人ホーム 真ほろば

小茂田 美希

出身校:群馬県 私立 高崎商科大学附属高等学校

●仕事の魅力:
ご利用者様、ご家族、職員、事業所…全ての他職種と関わることが出来ることは、色々な角度から物事を見て意見が聞けるので、刺激的でいい所です。また、人生の先輩との時間を共有できる貴重な出会いは、気がつけなかったことやじっくり考える機会となり、貴重な経験となります。
福祉は明確な答えがないですが「その人を理解したい、個を大切にケアしていきたい」という気持ちは統一しているので、どうケアをしていくのか検討していく大変さはあります。しかし、ご利用者様の笑顔等に触れ合った時は、やりがいにつながります。
●みなさんへアドバイス:
当たり前ではありますが、傾聴を大切にすること。傾聴することで、掘り下げていくことや、新たな発見、情報を引き出す事もできたりします。高齢者と関わるということは、生きてきた環境、時代が異なります。自分の考えを押し付ける、基準を自分にするのではなく、相手の気持ちを思うこと。また、自分がされて嫌なことは、相手も嫌であることを理解することが大切です。相手があっての業務です。自分が知らないことを聞けるチャンスと思って傾聴を普段から気にかけてください。

Professional of

精神保健福祉士

医療法人 群栄会 田中病院

栗原 優佳

出身校:群馬県 私立 樹徳高等学校

●仕事の魅力:
精神疾患を抱える様々な患者様やご家族と関わらせていただく機会が多くあります。患者様が退院され社会復帰されていく過程に支援者として携われ見届けられたとき、仕事にやりがいを感じます。現在の職場では、地域の方と交流できる機会が多くあります。利用者様と共に講師として精神保健福祉について話させていただく機会があり、その際、より多くの方が精神保健福祉について理解を深めるきっかけとなるよう心がけています。
●みなさんへアドバイス:
精神保健福祉に興味や関心がある方、ない方に関わらず、まずは大学での講義で学んでいただきたいと思います。精神保健福祉はとても奥が深く、精神疾患を抱える方への理解にとどまらず、自分自身の「福祉」に対する考え方と向き合うきっかけとなります。実習では患者様や利用者様と関わらせていただく機会が多くあります。講義で学んだこと、自身が「観て」「感じて」「考えたこと」が結びつく感覚を、支援者となった際に活かしていただきたいと考えます。

Professional of

保育士

社会福祉法人平和福祉会 パンジー保育園

丸山 千晶

出身校:群馬県立吾妻高等学校

●仕事の魅力:
毎日子どもたちと関わる中で、昨日できなかったことが今日できるようになったり、こちらの思いに反応があったりと、子どもたちの成長を感じることができることや、子どもたちとの関係が深まっていくことが感じられることにやりがいを感じます。そういった関わりの中でどうしたら子どもたちが楽しく活動することができるかなど考えさせられ、自分の成長にもつながっています。
●みなさんへアドバイス:
自分が好きなことを仕事にできることはとても楽しく、幸せなことだと思います。自分が本当になりたいものや向いていることは何なのか悩むことも多いかと思いますが、大学生活を日々大切にし、自分と向き合い、考えていくことで自然と答えがでてくると思います。社会人になって学生の時だからできた勉強やボランティアがたくさんあったことに気づきました。色々なことに挑戦して、失敗をたくさんし、次に活かしながら自分探しをしてください。

Professional of

幼稚園教諭

学校法人 安中二葉幼稚園

久保 紗綾香

出身校:群馬県 私立 新島学園高等学校

●仕事の魅力:
子どもたちと過ごす中で、日々子どもたちの成長を感じることができます。できなかったことができるようになり、嬉しそうに見せに来てくれる姿に、私も嬉しくなります。実際に保育の現場に出て、一人ひとりに合った保育の難しさや保護者対応、想像以上の書類の多さに戸惑うこともありましたが、どんなに大変でも子どもたちの笑顔が力を与えてくれます。子どもたちの成長を感じながら、自分自身も成長できる所がこの仕事の魅力だと思います。
●みなさんへアドバイス:
勉強はもちろんですが、様々な経験をすることも大切だと思います。ボランティア活動に積極的に参加したり、自分の興味のあることにも意欲的に取り組んだりすることで経験となり、自分自身を大きく成長させてくれるのではないかと思います。保育の現場では、様々な人と関わり、人間関係を築いていくことも大切です。多くの人と関わる中で、人とのつながりを大切にしながら日々過ごしていってほしいと思います。

Professional of

特別支援学校教諭

群馬県立前橋高等特別支援学校

吉田 早紀

出身校:群馬県立伊勢崎清明高等学校

●仕事の魅力:
人に物事を教えたり伝えたりするのは、とても難しいことだと、授業等を通していつも考えさせられます。毎日課題が挙がり学ぶことばかりです。しかし、生徒たちの笑顔や素直な気持ち、先生方の的確なアドバイスに支えられ、「今日も頑張ろう」と日々を送っています。教員は、人に教える職業だと思ってしまいますが、毎日どこかで学び得ることもでき、自分自身の成長にもつながる職業だと思います。
●みなさんへアドバイス:
教員の仕事は、生徒だけでなく、その保護者や一緒に働く先生方、時には地域の方々や関係機関の方々など、想像以上に多くの人々と関わります。そのため、大学時代にボランティア活動や実習等を通して、是非多くの人と関わり、そこからたくさんのことを吸収してほしいと思います。4年間で吸収したことは、きっとどんな職業に就いたとしても、自分の糧として役立つ日が来るはずです。

Professional of

公務員

中之条町役場

宮崎 麻未

出身校:群馬県立沼田女子高等学校

●仕事の魅力:
最初は何をするのも初めてのことだらけで覚えるのも大変でした。特に観光のお客様に観光案内をするのは初めての経験で地元のことでも知らないことが多く大変でした。電話での案内は、毎日が勉強です。しかし、パンフレットを送らせて頂いたお客様や電話で応対させて頂いたお客様からお礼の手紙や電話を頂いた時はとてもうれしいです。
●みなさんへアドバイス:
学生のうちに多くの経験をしてください。実習やボランティアなど学生の時に経験したこと、学んできたことは就職してからも役に立つと思います。今、私は福祉とは直接関わる仕事ではありませんが、思いもよらないことで、学生の時に経験したこと、学んできたことが役に立ちますからどんな仕事に就いても、色々な経験をしてください。また、実習やボランティアなど学生生活を共に過ごしてきた仲間を大切にして、楽しく学生生活を送ってください。

Professional of

看護師

医療法人社団 三思会 くすの木病院 急性期病棟

松井 美早紀

出身校:群馬県立高崎北高等学校

●仕事の魅力:
患者様の入院生活の中で1番長く関わることのできる職種であるため感謝されることも多く、人の役に立てているというやりがいを感じられます。また、患者様の人生の最後を看取ることも大切な瞬間です。大変なところは、患者様の命を預かっている立場であるため、責任も大きく、1つ1つ慎重に行っていかなければ生命の危機に繋がってしまうということ。さらに、多くの専門知識を身につけなければならないところです。しかし、それらを経験することで自分の成長につながると感じています。
●みなさんへアドバイス:
看護師という職業は大変なこともたくさんありますが、とてもやりがいを感じることのできる素敵な職業です。最後まで夢を諦めずにコツコツと勉強をしていけば必ず国家試験に合格することができます。もし辛くなってしまった時には、自分がなぜ看護師を目指そうと思ったのかを思い出してみて下さい。同じ看護師として働けるのを楽しみにしています。

Professional of

理学療法士

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

須永 佳澄

出身校:群馬県立西邑楽高等学校

●仕事の魅力:
いろいろな疾患の患者様がいるため、うまくいかないことも多くあり、悩んだり落ち込んだりすることもあります。しかし、担当していた患者様が元気に退院していくことはもちろんのことですが、退院した後に「こんなに良くなったよ」「○○ができるようになったよ」と、元気な姿を見せに来てくれることがとてもうれしく、やりがいを感じさせてくれます。
●みなさんへアドバイス:
私は勉強が苦手な為、定期試験では苦労しましたが、学生時代に学ぶことは働いてからも基礎としてとても重要となります。入学してからも勉強や実習といろいろと大変なこともありますが、先生方は親身になって関わってくれるので、とても心強い環境だと思います。また、同じ目標に向かって頑張る仲間もいるので、きっと乗り越えられると思います。楽しくやりがいのある仕事なので、ぜひ頑張ってほしいと思います。

Professional of

作業療法士

公益社団法人 群馬県医師会
群馬リハビリテーション病院

樺澤 里実

出身校:群馬県立前橋西高等学校

●仕事の魅力:
多くの年代の方と接する事で様々な生き方や価値観に触れ、学ぶ事は多くあり、自分の人生を客観的に見る事が出来ます。また、臨床の場に出てから、患者様の入院生活で感じるストレスや不安は想像よりも大きいものである事を実感しています。一人ひとりの方のニーズに応じたリハビリの内容を考える事は難しく悩むこともありますが、共に目標を乗り越えられた時や患者様の笑顔をみられた時はとても嬉しく、この仕事を選んで良かったと思います。
●みなさんへアドバイス:
勉学に励むことはもちろんですが、学生時代の実習で臨床の場に触れられる事は、とても貴重な経験であったと感じています。実習を実りあるものにする為にも多くの患者様に接する事、作業療法士が何を目的にリハビリを行っているのかに疑問を持ち質問する事は、とても重要です。また臨床に出てから、たくさんの引き出しを持てるように、多くの事に関心を持つことを忘れず、日々楽しく過ごす事が大切だと思います。

Professional of

介護福祉士

住宅型有料老人ホーム オハナ矢島町

池野 祐香里

出身校:群馬県立高崎東高等学校

●仕事の魅力:
一番よかったな、うれしかったなと感じるところは、その方の最善を自分なりに考え、その援助に対して「ありがとう」と言っていただけたことです。「あなたじゃないとダメなんだよ」と言葉をかけていただけたこともうれしかったです。大変なところは、「人」対「人」で仕事をしているということです。人は誰でも気持ちの浮き沈みがあり、それを適切に汲み取るところが難しいなと思う反面、日々の勉強なんだなと改めて感じています。
●みなさんへアドバイス:
学校での学びは基本的なことが主になりますが、それが何より大切だということです。現場での利用者の方々のニーズは日々変化していくもので、基本的なことがしっかり学べていないと応用が利きません。「基本をしっかり学ぶこと」と「常に相手の立場に立つこと」が大切だと思います。限られた学生生活のなかで、同じ志を持った仲間と共に学び、多くのことを吸収して、切磋琢磨していってほしいと思います。ぜひ頑張ってください。

Professional of

ケアマネージャー

特別養護老人ホーム にしきの園

向井 弘樹

出身校:群馬県立伊勢崎商業高等学校

●仕事の魅力:
利用者の方とご家族の思いを汲み取ろうとしますが、時には食い違うこともあります。そういった際に、私たちでお互いの思いに寄り添い、代わりに思いを伝えることが必要だと感じています。「こんなやり方もあった」とか、「生活しやすくなった」などの声を聞くことができるのがこの仕事のやりがいだと感じています。
●みなさんへアドバイス:
この仕事は利用者の方々と真摯に向き合い、時には困難にぶち当たることもあります。そんな時は、「現場にいる私たちに何ができるのか?」と自問自答することもあります。しかし、かけがえのない日々の積み重ねを見守り、さらには人生そのものに関わることで、たくさんの方々の笑顔を引き出せる仕事です。ぜひ一緒に頑張りましょう!!

Professional of

施設長

ナーシングホーム あい暖

山本 幸男

出身校:群馬県立長野原高等学校

●仕事の魅力:
多くの人は自分をケアしながら生きています。ただ、何らかの理由でそれを人に手伝ってもらわなければならない状況となっている方々の生活支援を行なっていくわけですから、楽なことではありません。ただ、どのような仕事でも必要とする人がいて初めて仕事として成り立っているわけですから、すべて感謝されるに値する仕事ばかりです。その中で、この仕事は感謝の言葉を直接いただけ、喜びが身近にあることが大きな魅力だと感じています。
●みなさんへアドバイス:
学校では基本的なことを学びますが、関わる利用者の方は一人ひとり違う人間なので、日々が応用の連続であると思います。また、現場では先輩に注意されることもあるかもしれません。そんなときに「怒られた」と受け取るのではなく「自分の間違いを教えてもらえた」と受け取るなど、謙虚な姿勢が必要だと思います。そうすることで多くを学べ、自分の成長に必ず繋がります。ぜひ頑張ってください。

ページトップへ

サイトマップ