入試概要

ディプロマポリシー

全学ディプロマ・ポリシー
本学の建学の精神・教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

[知識・理解]

1. 多角的な視野を培うのに必要な基礎的知識と技法を修得している。

[思考・判断]

2. 現代社会に関して多面的な知識を持ち、グローバルな視点で自らの見解を形成できる。
3. 健康で文化的な生活を営むために必要な知識と方法を修得し、自らの生活の質を高めることができる。

[技能・表現]

4. 日本語を正確に理解し、論理的な文章を書くと同時に、自らの見解を分かりやすく伝達するための方法を知り、実践できる。
5. 情報及び情報手段を主体的に選択し、活用するための基礎的な知識・技能を修得している。

[関心・意欲・態度]

6. 人と社会や文化、自然や環境について深い関心を持ち、主体的に学習を続け、その成果を真心を持って自らの生活や社会に還元しようとする態度を持つことができる。
7. 社会の中で高い倫理観と責任感、行動力を持ち、他者と協力して仕事や研究を進める意欲を持つことができる。
社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉コース
本コースでは、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 社会福祉学の基礎知識を習得している。
2. 福祉を必要とする対象に関する基礎知識を有している。

[思考・判断]

3. 現代社会の諸問題について社会福祉学の視点から考察できる。
4. 国際化社会の中で必要なメディアリテラシーに基づき適切な情報を得られ、判断できる。
5. 実習やボランティア活動等の実践体験に基づき、地域社会の福祉課題を抽出できる。

[技能・表現]

6. 他者との相互関係において、傾聴の態度を基本とする適切なコミュニケーションを実践できる。
7. 実践体験に基づき抽出した課題を適切な方法で表現し、また、改善に向けた行動ができる。

[関心・意欲・態度]

8. 社会福祉政策や福祉ニーズの変化に対応し、主体的に学習を継続できる。
9. 社会福祉学を学んだ者として、他者との連携及び社会資源の開発ができるよう知識や技術の向上を図る意欲を持っている。
社会福祉学部 社会福祉学科 福祉心理コース
本コースでは、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 社会福祉実習・ボランティアを通じて、福祉の現場で必須となる基本的知識と技法を修得している。
2. 現代の社会福祉学、心理学の知見を、広く福祉、産業、医療、官公庁などの現場で広く活用できる。

[思考・判断]

3. 今日の福祉および心理をめぐる多様な現代的課題の解明にあたり、学問的知識に依拠して適切な思考ができる。
4. 健康で文化的な生活を営むために、生活の中に潜んでいる問題に気づき、それを解決するために妥当な判断を下すことができる。

[技能・表現]

5. 日本語を正確に理解し、論理的な文章を書くと同時に、他者に分かりやすく伝達するための方法を知り、実践できる。
6. 客観的な資料およびデータを選び出し、直面する問題を数量的に把握する技能をもつ。

[関心・意欲・態度]

7. 心と社会について深い関心を持ち、主体的に学習を続け、その成果を、真心をもって社会に還元する態度をもつ。
8. 職務遂行の上で必須である高い倫理観と責任感、行動力をもち、知識および技能を他者との討議や協同を通じて主体的に高めていく意欲をもつ。
社会福祉学部 社会福祉学科 学校教育コース
本コースでは、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 中等教育及び特別支援教育に関する基礎的知識と技法を修得している。
2. ノーマライゼーションの理念に則り、子供たち一人一人に合った教育内容・方法等を理解している。

[思考・判断]

3. グローバル化に伴い、国際社会に対応できる多面的な知識をもち、教育者として自らの見解を地球規模で考え、それらを地域社会に繋ぐことができる。
4. 専門職としての職業倫理を身につけている。

[技能・表現]

5. 言語、非言語コミュニケーションを上手く用い、子供の立場に立ったわかりやすい授業を実践し、子供の気持ちに寄り添うことができる。
6. 子どもや学校を取り巻く環境に関して、それらに必要な情報及び情報手段を自ら選択し、効果的に活用するための基礎的な知識・技能を修得している。

[関心・意欲・態度]

7. ボランティア活動や教育実習を通して人と関わる力、他者と協働する力を身につけている。
8. 教育者として常に学び続ける姿勢をもち、社会の中で高い倫理観と責任感、行動力を持ち、子供の成長を共に喜び、子供の自立に向けて最善を尽くすことができる。
社会福祉学部 社会福祉学科 児童福祉コース
本コースでは、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 児童福祉分野における基本的知識・技術を修得している。
2. 社会福祉施設の役割と機能について理解している。

[思考・判断]

3. 現代社会が求める児童福祉に関するニーズについて多面的な知識を持ち、グローバルな視点で自身の見解を形成できる。
4. 専門職としての職業倫理を身につけている。

[技能・表現]

5. 児童福祉分野の専門職として、適切な言葉を用いて話す力、書く力を身につけている。
6. 保育表現技術を身につけ、活用することができる。

[関心・意欲・態度]

7. ボランティアや実習を通して、人と関わる力、他者と協働する力を身につけている。
8. 多様化する家庭環境を踏まえ、子どもの最善の利益を尊重し行動することができる。
社会福祉学部 社会福祉学科 初等教育コース
本コースでは、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 小学校教育に関する基本的・基礎的知識と技術を修得している。

[思考・判断]

2. 多様化、国際化した現代社会の教育課題に対応することができる。
3. 専門職としての職業倫理を身に付けている。

[技能・表現]

4. 小学校教育に関する専門的知識や実践的指導力の基礎を修得し、有効な最新情報を取り入れた分かりやすい授業の実践に努めている。
5. コミュニケーションの技法を身に付け、児童や保護者に対し、的確な語りかけができる。

[関心・意欲・態度]

6. ボランティアや教育実習を通して、地域や社会と関わる力、他者と協働する態度を身に付けている。
7. 教育者として、子どもへの教育的愛情、使命感、責任感を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。
看護学部 看護学科
本学科では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 看護学の観点から人間、環境、健康、看護の概念における基礎的知識と幅広い教養を身につけている。

[思考・判断]

2. 看護専門職者として、収集した情報の科学的、論理的分析を行い、適切な問題の把握と解決ができる能力を身につけている。

[技能・表現]

3. 人間の生活をより健康なものとするための情報及び情報手段を主体的に選択し、活用するための基礎的な知識・技能を身につけている。
4. 人々の健康に関する課題解決に向けて、科学的根拠に基づき、安全で安楽な看護実践が提供できるための基礎的な実践力を身につけている。
5. 看護専門職者として適切なコミュニケーション能力を身につけている。

[関心・意欲・態度]

6. 国内外における社会と健康問題の情勢に興味・関心を持ち、生涯にわたって自己研鑽し続け看護における課題解決を図ろうとする姿勢を身につけている。
7. 自己の看護の向上に向けて、看護の振り返りや自己洞察を行い、建学の精神である「仁」を具現化し実践しようとする姿勢を身につけている。
8. 人間の尊厳と生命を尊重する姿勢に基づき、質の高い看護実践を展開するために必要な高い倫理観、看護の役割・機能を果たすための責任感、行動力を身につけている。
9. 保健医療福祉に携わる他職種との協働・連携における看護職者の位置づけと役割を認識し、メンバーシップ、リーダーシップ、マネジメント力を発揮するための基礎的能力を身につけている。
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 理学療法専攻
本専攻では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 理学療法士として活躍するための必要な基礎的知識・技術を習得している。
2. 人間性や倫理感を裏付ける幅広い教養を身につけている。

[思考・判断]

3. 対象となる人の身体的・心理的・社会的な健康状態を科学的に評価し、情報の統合と的確な判断を行い、必要な行動を示すことができる。

[技能・表現]

4. 基本的な医療行為を対象者にも自らにも安全に実施することができる。
5. 他者の声に耳を傾け、自分の考えを口頭表現や文章表現によって伝えることができる。

[関心・意欲・態度]

6. 科学の進歩及び社会の医療ニーズの変化や国際化に対応して、生涯を通して自らを高めることができる。
7. 地域や組織の中で医療人としての高い倫理観と責任感を持ち、他者と協力して仕事や研究を進める意欲を持つことができる。
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 作業療法専攻
本専攻では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す諸能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]

1. 作業療法士として活躍するための必要な基礎的知識・技術を習得している。
2. 人間性や倫理感を裏付ける幅広い教養を身につけている。

[思考・判断]

3. 対象となる人の身体的・心理的・社会的な健康状態を科学的に評価し、情報の統合と的確な判断を行い、必要な行動を示すことができる。

[技能・表現]

4. 基本的な医療行為を対象者にも自らにも安全に実施することができる。
5. 他者の声に耳を傾け、自分の考えを口頭表現や文章表現によって伝えることができる。

[関心・意欲・態度]

6. 科学の進歩及び社会の医療ニーズの変化や国際化に対応して、生涯を通して自らを高めることができる。
7. 地域や組織の中で医療人としての高い倫理観と責任感を持ち、他者と協力して仕事や研究を進める意欲を持つことができる。

ページトップへ

サイトマップ