入試概要

ディプロマ・ポリシー

群馬医療福祉大学は、「仁」を建学の精神とし「知行合一」を教育理念としている。教育目標である「質実剛健」 「敬愛」「至誠」「忠恕」に基づき、以下の能力を身に付けた学生に学位を付与する。

1.多角的視野で考察するための社会や文化、自然や環境に関する基礎的知識や技法を習得している。

[知識理解]

社会を構成する個々人の様々な行為の動機や原則は、所属する集団や環境によって異なり、現代社会においてはそれらも急速に変化している。 本学では、知行合一の理念のもと、様々な社会の動向や人々の行動に関わる原理や道理に関する知識を蓄え、それらを学生個々人の知慧として発揮できる素地を陶冶する

2.社会の様々な事象に関する情報を分析し、他者と協力して健康で文化的な生活を営むための方法や、生活の質を高める方法を考案、実践できる。

[汎用的技能]

社会人としての生き方や社会生活の営みにおいて、他者と協力して物事を成すには「道徳」や「倫理」という行為の規範が必要である。本学では「質実剛健」を精神的支柱に備えた人間形成を目標とする。 そして、専門的知識や技術の修得を前提に、自らの日常生活で起こる様々な事象を正確に捉える情報収集能力や分析能力など、より豊かな生活を実現させる能力を涵養する。

3.学際的探求の意義を理解し主体的に学習を続け、高い倫理観と責任感をもち他者と協力して仕事や研究を進める意欲と、真心をもって研究や仕事の成果を社会に還元する態度を身に付けている。

[態度・志向性]

本学は、「仁」の精神を体現できる人材、すなわち、「敬愛」という地域社会への敬意と深い思いやりをもち、真心を具現化できる素養を持つ人材を養成する。 地域社会でのより善いチームワークや感化をもたらす「至誠の人」という高い志を体現する意欲と態度を身に付けることを目標とする。 したがって、学問へのあこがれ(憧憬)、知識欲、探究心、創作のよろこびを地域住民と共有し、卒業後も継続できる学生の知識への意欲や気力を養う。

4.自らが置かれている社会や生活に関する課題について知識・技能・態度等を総合的に活用し、その課題を主体的に解決する能力を身に付けている。

[統合的な学習経験と創造的思考力]

多文化・異文化共生社会の実現に向けて必要な能力とは、社会や組織、環境に関わる基本的な知識や実践の理論を身に付けた上で、倫理的規範と創造的思考に基づく具体的解決のあり方を示せる能力である。 本学では、「忠恕」の教育目標のもと、自らの良心に忠実で思いやり深い人間として地域社会の振興に寄与できる行動力と創造力を養う。 地域での様々な実践体験や住民との関わり、論理的思考や数量的スキルなどを駆使し自らの問いを探求する過程を通して知識・技能・態度の統合を目指す。

  • ⅰ 鈴木利定・中田勝「咸有一徳 修訂第2 版 昌賢学園の全人教育」中央法規(2014)
    附編 知行合一 p153「知是行之始、行是知之始(知は是れ行の始め、行は是れ知の成る)」事物の道理を心に知り得て、そののち身に行う。思慮(知識)の段階で行為が始まっており、行為の段階で知識が完成される。
  • ⅱ 同p48 解説「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)は、仁に近し」木は素朴、訥は軽率にものを言わないということ。
  • ⅲ 同p49 解説「真心は、天地自然の原理である。」、p55「善なく悪なきは、これ心の体」対々の善でなく、絶対の善のこと。
  • ⅳ 同p57 解説「『至誠』とはこのうえもない真心(誠)の有様のことをいう。」「『この世で最もすぐれた至誠の人』となったものだけが、世の中に感化を及ぼすものである。」
  • ⅴ 同p45 解説「『忠恕』の忠は、わが身のまごころを尽くす。恕はわが身のまごころを他に及ぼすこと。」

社会福祉学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

知識・理解
1. 福祉・教育に関する知識を修得し、生活上の課題を多面的に考察できる。
汎用的技能
2. 人の思いを引き出し、分析した上で生活上の課題に対する解決方法を提案できる。
態度・志向性
3. 本学の仁の精神に則り、人の尊厳を踏まえた専門職としての職業倫理を身に付けている。
4. 地域や人の変化に対する知識を自ら学び、地域に還元する意欲を持っている。
統合的な学習経験と創造的思考力
5. 多職種の専門性を理解し、自他の自己実現や生活上の課題解決のための方法を創造できる。

看護学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

看護学部看護学科では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]
1. 看護学の観点から人間、環境、健康、看護の概念における基礎的知識と幅広い教養を身につけている。
[汎用的技能]
2. 看護専門職者として、相互の立場を尊重した適切なコミュニケーション能力を身につけている。
3. 人々が健康な生活を送るための情報を、様々な方法によって収集することができ、収集した情報を科学的・論理的分析を行い、適切な問題の把握と解決ができる能力を身につけている。
4. 人々の健康に関する課題解決に向けて、科学的根拠に基づき、安全・安楽・自立を基本とした看護実践が提供できるための基礎的な実践力を身につけている。
[態度・志向性]
5. 自己の看護の向上に向けて、看護の振り返りや自己洞察を行い、建学の精神である「仁」を具現化し、実践しようとする姿勢を身につけている。
6. 多職種と協働・連携しながら看護職者の位置づけと役割を認識し、チームワーク、リーダーシップ、マネージメント力を発揮するための基礎的能力を身につけている。
7. 生命への畏敬の念と人間の尊厳を守るための高い倫理観、看護の役割・機能を果たすための責任感、行動力を身につけている。
8. 国内外における社会と健康問題の情勢に興味・関心を持ち、生涯にわたって自己研鑽し続ける姿勢を身につけている。
[統合的な学習経験と創造的思考力]
9. 自らが獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、看護専門職者に求められる新たな課題を主体的に解決する能力を身につけている。

リハビリテーション学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

リハビリテーション学部では、所定の単位を修得し、全学ディプロマ・ポリシーと以下に示す能力を有する者に対し、学士の称号を授与する。

[知識・理解]
1. 医療専門職としての基礎知識や技術とともに、幅広い教養と技能、職業倫理観を身につけることができる。
[汎用的技能]
2. 人びとの生活に興味を持ち、社会における生活者としての視点と、専門的知識や科学的知見に裏付けされた分析的視点で、リハビリテーションの実践に携わることができる。
[態度・指向性]
3. 自己研鑽や研究の必要性を理解し、リハビリテーションを多職種協働で実践しながら、得られた専門的知識や技術を社会に還元する態度を身に付けている。
[総合的な学習経験と創造的思考力]
4. 単にリハビリテーションの実践に携わるのではなく、自らが置かれている社会の課題を専門的視点から分析することができ、その解決手段を主体的に検討する事ができる。

理学療法専攻 ディプロマ・ポリシー

  • 1. 科学的根拠に基づいた理学療法に関する専門的知識及び技術を修得するとともに、幅広い教養と技能、職業倫理感を身につけ、リハビリテーション専門職としての自覚をもった行動ができる。
  • 2. 人びとの多様な生活や価値観を理解し、理学療法士として臨床的問題解決に必要な知識・技能を身につけ、健康に関する課題解決に向け、科学的根拠に基づいた理学療法の実践ができる。
  • 3. 科学的根拠に基づいた理学療法の基礎および臨床に立脚した研究ができる素養を身につけ、得られた知識や技術を駆使し、多職種協働による対象者への支援や社会の発展に寄与できる。
  • 4. 最新の社会・医療情勢の把握に努め、社会のニーズや課題を総合的にとらえ、自らの能力を活用し、自己研鑽しながら、社会における課題の解決に向け、主体的に行動することができる。

作業療法専攻 ディプロマ・ポリシー

  • 1. 作業療法に関する基本的な医学知識や技術とともに、多様なひとやその集団を多角的な視点で理解するための教養を身につけ、対象者の健康と社会の安寧を促進するための役割を認識した行動ができる。
  • 2. 生活行為の遂行や向上において問題となる事項について、心身機能や疾患特性、個人の考え、人的・物理的・制度的環境等に配慮し、全人的な評価と支援の視点で作業療法の実践ができる。
  • 3. 作業療法の専門性を高めるための研究・探求の重要性を理解するとともに、専門的知識に限局せずに多様な文化・学問を受け入れ、多職種協働による対象者への支援や社会の発展に寄与できる。
  • 4. 全人的視点から対象者が抱える問題や、社会の課題を総合的にとらえ、人びとがより豊かに日常生活の活動に参加できるよう創意工夫することができる。

ページトップへ

サイトマップ