入試概要

アドミッションポリシー

群馬医療福祉大学アドミッション・ポリシー
群馬医療福祉大学では福祉、医療にかかわる人材養成を行っております。
福祉や医療に関する仕事は物相手の仕事ではありません。当然のことですが生身の人間と関わっていくことを決して忘れてはならないのです。
福祉、医療の仕事に就く者として人間存在の意義を見つめ、「人間が人間らしく生きること」とはどういうことかを永遠に問い続けていく姿勢が必要になってくるのです。
さらに福祉、医療の職場は対人援助が中心となります。したがって利用者および関係職員との人間関係が重要視されます。そのためにコミュニケーション能力の向上に力を入れると同時に、ボランティア活動と環境美化活動の積極的な実践力を養い、福祉、医療のスペシャリストを目指します。
また福祉、医療に関わるには国家資格をはじめとする各種資格の取得が必要です。そこで社会人として必要な基礎学力と論理的思考力の充実に全学をあげて取り組みます。
群馬医療福祉大学では、以上のことを念頭に置きながら建学の精神に則り、次のような学生を求め続けていきます。
全学共通アドミッション・ポリシー
1. 「仁、義、礼、知、信」の精神(建学の精神)の展開の下、豊かな人間性を身に付け、ボランティア活動と環境美化活動に生きがいを見つけようとする人。〔人格教育〕
2. 自己の安定した生活を踏まえ、社会人としての正しいものの見方、考え方で様々な課題の解決を積極的に図っていこうとする意欲のある人。〔自立教育〕
3. 旺盛な探求心を持って学問に取り組む姿勢を持ち、福祉、医療に関する専門的な知識・技能の習得を目指そうとしている人。〔教養教育〕
4. 福祉、医療に関する各種資格を取得し、逞しい実践力を持つ福祉、医療の人材になりたいという強い意志を持っている人。〔専門教育〕
5. 豊かな人間性と幅広い教養を身に付け、国際的視野で物事を判断でき、21世紀の福祉と医療の分野のリーダーを目指したいと願っている人。〔国際教育〕
社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻
心身と生活に問題を抱えている人の相談を主たる業務とし、直接利用者と向き合う仕事がしたい人に適した専攻。
1. 他人を大切にする優しさ、思いやり、コミュニケーション能力を持っている人。
2. 福祉、心理に関心があり、社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得を目指そうとする人。
3. 社会福祉全般の法制度を理解し、理論と実践を身に付ける学習意欲のある人。
4. 福祉サービスの利用者への適切な援助や理想的な施設づくりを果たせる力を身に付け、社会福祉各分野におけるリーダーとして活躍し、地域社会に貢献できる人。
5. 基礎学力及び論理的思考力を備えた人。
(特に話す力、聞く力、書く力は大学での講義の基本となるため国語及び日本語能力はしっかりと身に付けておくこと。)
社会福祉学部 社会福祉学科 子ども専攻
幼児、児童と直接向き合い、子どもの福祉と教育に直接関わる仕事がしたい人に適した専攻。
1. 子どもに関心があり、保育士、幼稚園教諭等の資格取得を目指そうとする人。
2. 子どもの教育、保育、児童福祉、児童の権利などについて積極的に学ぶ意欲のある人。
3. 保育、幼児教育を含めて社会福祉の全領域にも関心を持ち、地域の子どもの健全育成と地域福祉、家庭教育に貢献しようとする人。
看護学部 看護学科
人間愛と奉仕の精神に溢れ、生命の尊厳に対する強い気持ちを持って、他人の心身の治療、健康維持などに直接関わる仕事がしたい人に適した学科。
1. 看護、保健に関心があり、看護師、保健師の資格取得を目指そうとする人。
2. 看護、保健、医療について積極的な探求心をもって学ぶ意欲のある人。
3. 福祉、医療における幅広い分野の職種と連携・協働し、地域医療のみならず、国際社会における医療の発展に貢献しようとする人。
4. 基礎学力および論理的思考力を備えた人。
(特に看護学は人の心と体について学ぶ学問ですので、授業の基礎となる生物や化学をしっかりと学習していることが望ましい。)
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 理学療法専攻
人と関わることが好きで、人体の構造や機能に興味があり、身体に障がいのある方や障がいの発生が予測される方たちを、自らの体を積極的に動かしながら、支援する仕事がしたい人に適した専攻。
1. 理学療法士になりたい強い動機をもっている人。
2. 自ら進んで学ぶ姿勢を持っている人。
3. 第一に相手を思いやることができる人。
4. 多少の苦難にへこたれず、簡単には諦めない人。
5. 自分の欠点を自覚し、常に改善しようと努力する人。
6. ボランティア精神をもって、人や社会に働きかける人。
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 作業療法専攻
リハビリテーションを必要とする方に対し、こころとからだの治療・援助をする仕事がしたい人に適した専攻。
1. 自ら目標を見いだし、積極的に学習する姿勢を継続できる人。
2. 行動力があり、趣味などを持ちながら生活を楽しむための工夫ができる人。
3. 「人」の身体だけでなく、心理や行動についても興味を持ち、「人」と接する事が好きな人。
4. 周囲のさまざまな意見を取り入れ、現在の自分自身をより良くしようと努力できる人。

ページトップへ

サイトマップ