学生相談体制

学生生活を送る中で、皆さんは様々な悩み、心配ごとに直面すると思います。それは決して恥ずかしいことでなく、人が生きて生活を送る中で誰でも経験することです。
学生の皆さんが生き生きと学生生活を送るため、皆さんのいろいろな悩みや問題について相談に応じられるよう、学生相談室を設けております。学業や進路、対人関係など学生生活に関することや性格などに関することなど、どんな悩みでも構いませんので気軽に、遠慮なく申し出てください。
また外部カウンセラーによる相談も受け付けています。申し込みは学生課、もしくは相談室に直接申し込んでもかまいません。積極的に利用してください。相談の秘密は守られます。
なお、本学は特色の一つとして、少人数、クラス担任制をとっています。悩みや心配ごとなど担任教員に遠慮なく相談してください。

ハラスメント防止について

※ハラスメント防止委員会
本学の規程によるとハラスメントには(1)セクシャル(2)アカデミック(3)パワーハラスメント等があります。ハラスメントとは、職務上の地位又は権限を利用して相手側に不快感や不利益を与え、人権を侵害し、教育、研究、就労、就学等における環境を悪化させることです。当委員会の目的は、本学に関係するすべての人が人間の尊厳を維持できる環境を創り出すことです。
もしあなたが、他人の発言や行動で「いやだな」「困ったな」「やめてほしい」など不快な思いをしている時には、ハラスメント防止委員会の相談員、若しくは相談しやすい教職員に連絡してください。相談内容の秘密は守られます。
なお、ハラスメント防止委員会は、学長が指名する専任教職員等からなり、ハラスメント防止委員会規程に従い、ハラスメントに関する苦情及び相談に応じています。

保健室、健康診断

本学では毎年4月に定期健康診断を実施しています。身長・体重測定・視力・聴力・血液・尿・内診および胸部X線等の項目で行い、病気の早期発見と予防に努めています。
また日常のケガ、体調不良などについては保健室が利用できます。

障害者支援

本学では、障害のある学生への修学支援を行なっています。障害学生、一人ひとりのニーズに合わせた支援を目指しています。
また、障害学生とコミュニケーションをとることにより、障害をもつ学生への理解を深めることができる等、サポートするだけでなく自分自身の学びにもつながり、障害学生と一般学生が共に成長できる支援を心掛けています。聴覚に障害のある学生に対して、ノートテイクを行っています。