日本医師会認定・関東唯一の医療秘書育成短大!

医療秘書とは
今や電子カルテが主流となる総合病院や診療所といった 医療機関において、医療秘書は医師の指示のもと、診察や検査にまつわる医療情報の処理業務※など重要な役割を担います。また、医師と患者間の調整を図り、医療情報管理の中心的役割を果たすことにより、医師が本来の専門的活動に専念できるように補佐することが期待される職種です。
※診療録(カルテ)の記録・管理業務
医療事務・秘書コースで取得を目指す資格

医療福祉学科コース構成図

介護福祉コース
介護の仕事は、多種多様な方々と関わるためにコミュニケーション技術が必須となります。それには、相手がどのようなことを求めているのか、察する力“気づき”が求められます。本学では、“食事をしながら、何気ない相談にのることができる介護福祉士”といった利用者の方にとってなくてはならない人材を養成します。
医療事務・秘書コース
福祉総合コース
短期大学部では介護福祉士に関する知識・技術を身に付け、利用者の方々に直接関わる内容について理解を深めます。また、卒業後社会福祉学部へも編入することができ、相談援助の分野を学ぶこともできます。介護福祉、社会福祉と自分に合った分野の選択が可能なコースです。