自分に合った学び方…『福祉総合コース〜群馬医療福祉大学3年次編入コース〜』

“福祉総合コース(3年次編入コース)”を選ぶ4つの理由。学生に負担なく、4年間で福祉について学べるカリキュラム。

介護福祉士と社会福祉士のW受験(同時受験)を回避。 介護福祉士と社会福祉士の2つの資格取得を目指す場合、4年制大学へ進学すると4年次に国家試験を2つ受験しなければなりません。本学なら介護福祉士を取得した上で、大学4年次での社会福祉士の受験ができるのでW受験を回避でき、負担を軽くすることができます。
群馬医療福祉大学への編入は入学金(30万円)が免除。 本学では併設の群馬医療福祉大学への編入を前提としているため、群馬医療福祉大学短期大学部からの編入時の入学金が免除となります。他大学へ編入の場合には入学金が発生しますので、とても経済的です。
短大卒業時に2つの進路から選択。 編入コースだからといって、必ず編入しなければならないということではありません。短大卒業時に、編入するか、社会へ出るか選択できるので、将来の可能性が広がります。
介護福祉士と社会福祉士を効率的に勉強。 短大在籍中に介護福祉士、編入後の大学在籍中に社会福祉士の勉強を行うのでメリハリがつき、それぞれ合格を目指して効率的に勉強することができます。他の4年制大学では同時に勉強をすすめていくので、大変かも?
比べてみれば一目瞭然
W受験は負担が大きい

もっと詳細を見る