介護福祉コース

コース概要

介護福祉士受験資格を取得し、高齢者分野だけでなく、障がい児・者分野など多くの場で活躍できる福祉のスペシャリストを養成します。

学びについて

介護福祉士にとって必要な基礎知識を身につけ、高齢者の方々へ「あなたが必要だ」と思っていただけるような心に寄り添う支援者の養成を目指します。また、高齢者分野だけでなく障がいを抱えた方々へのサポートについても学び、不安を抱えた全ての人々へ支援を行なうことができるような実践力を培います。

育成する人材

介護福祉士として、特別養護老人ホームや、介護老人保健施設、デイサービスセンター、有料老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者支援施設、重症心身障害児施設など様々な分野での活躍が期待されます。さらに、本学での学びを活かし、介護リーダーとして活躍が期待されます。

活躍が期待される場所

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 高齢者デイサービスセンター
  • 訪問介護事業所
  • 特定福祉用具販売事業所
  • 都道府県・市町村の社会福祉行政機関・相談機関
  • 社会福祉協議会等の社会福祉関係団体
  • 病院(総合病院、一般病院)
  • 老人保健センター
  • 福祉サービス関連企業
  • 障害者支援施設
  • 重症心身障害児施設

目標とする資格

  • 本学を卒業することによって得られる資格
  • 本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • 本学において所定の科目を履修し、試験に合格することによって得られる資格
  • 本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格
  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉用具専門相談員 ※1
  • ケアマネジャー受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • アクティビティ・ワーカー
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級
  • 介護保険事務士(介護事務)
  • ※1 介護福祉士国家資格を取得した場合、福祉用具専門相談員の資格を兼ねます。

ページトップへ