短期大学部の特色

群馬医療福祉大学短期大学部の学びの4つの環境。それぞれの分野にそれぞれの学び。介護福祉のスペシャリストを目指します。

介護は社会で需要の高い職種のため、多くのことが求められる分野となっています。“ 幸せ”とは何かについて追求し、社会貢献をしていく仕事です。また、介護の仕事は不自由さを抱える方へのサポートを行うため、利用者に一番近い存在といえます。利用者が何を求めているのかを察する力を身に付けるために、学生自身でさまざまなことを考える機会が多いことが特徴です。
患者様と出会う窓口業務は、その病院の第一印象を決めます。さらに、子どもから高齢者まで幅広く利用するため、様々なコミュニケーションのスキルが求められています。医療事務・秘書コースでは、事務職員としての専門的な知識や姿勢はもちろんのこと、福祉・医療の知識や技術を兼ね備え、どのような対象者でも安心していただけるような人材を養成します

変化する社会を捉える力

変化する社会を捉える力介護・医療の仕事は、不自由さを抱える方へのサポートを行うため、利用者に一番近い存在であると言えます。そのため、何を求めているのか察する力を身につけるために、各コースの特色を活かして、学生自身で様々なことを考えさせる経験を多く取り入れています。

多彩な資格

多彩な資格医療福祉学科では、介護福祉コース、医療事務・秘書コース、福祉総合コース・介護福祉士実践コースの4つの分野があります。福祉の視点だけでなく、人が何に関心があるのかを追求し、“楽しい生活”を提供できるように様々な視点で勉強します。また、福祉総合コースでは、短期大学部卒業後大学へ編入し、さらに知識・技術を身につけステップアップを目指します。

「即戦力」を身につける体験

「即戦力」を身につける体験現場で求められるのは、「即戦力」。すぐに現場で利用者と関わることができ、質の高い援助が必要となってきます。そのためボランティア活動を通して、自分自身がもっと知りたいことについて現場で学び、豊かな経験を育みます。さらに、実習では教員の密な指導を行い、わからないことが残らないように徹底した指導を行います。

国家試験への万全の対応

国家試験への万全の対応介護福祉士は、科学的に裏付けされた専門的知識等が求められています。そのため、国家試験への対応については不安を抱える高校生が多くみられます。そのように初めて福祉を学ぶ人でもわかるように、1年次より国家試験に対応できるよう講義が組まれ、さらに教員による個別指導を行い、安心した環境で勉強を行うことができます。

介護福祉コース

介護福祉コース

医療事務・秘書コース

医療事務・秘書コース

福祉総合コース

福祉総合コース

介護福祉士実践コース

介護福祉士実践コース

ページトップへ