社会福祉経営専攻

カリキュラム

「社会福祉経営」の知識と技術、ニーズに応じたサービス開発ノウハウの習得

教育課程等の概要

科目
区分
授業科目の名称 単位数 1年 2年
必修 選択 前期 後期 前期 後期

 

 

 

 

 
福祉倫理特論 2
社会福祉原理特論 2
社会福祉理論・学説史研究 2
社会福祉経営特論 2
社会福祉法制特論 2
高齢者福祉特論 2
障害者福祉特論 2
児童福祉特論 2
精神保健特論 2
比較(国際)福祉特論 2
福祉心理特論 2
福祉サービス市場特論 2
社会調査特論 2
社会福祉経営研究・演習 2
小計(14科目) 12 16







福祉事業経営特論 2
福祉施設経営特論 2
人事労務管理特論 2
福祉事業経営研究・演習 2
小計(4科目) 8







地域福祉経営特論 2
社会福祉行財政特論 2
地域福祉計画特論 2
地域福祉経営研究・演習 2
小計(4科目) 8









ソーシャルワーク特論 I 2
ソーシャルワーク特論 II 2
ケアマネジメント特論 2
ソーシャルワーク研究・演習 2
小計(4科目) 4 4

修士論文研究指導 6
小計(1科目) 6
合計(26科目) 22 36 14 9 9 3
(4) (4) (4) (4)
学位又は
称号
修士(社会福祉学) 23    (8) 12 (8)

●は必修、▲は必修演習、△は選択演習

卒業要件及び履修方法

必修科目8科目16単位、選択科目7科目14単位以上を修得し、かつ必要な論文指導を受けた上で、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。

ページトップへ