基本情報公開

組織・教職員数・学生数など

大学の教育研究上の目的に関すること

【大学院社会福祉学研究科社会福祉経営専攻】
高度にして専門的な社会福祉の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて、専攻分野における専門性が求められる職業を担うため、深い学識及び卓越した能力を培い、文化の発展に寄与することを目的とする。
【社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻】
少子高齢社会の進行により、ますます充実が望まれる社会福祉分野において、広い見識と視野を持つ、技術的にも人間的にも優れた、より質の高い人材を輩出することを目的とする。さらに理想の福祉社会の構築のため、「福祉」のこころを「教育」に活かす教員育成も目的とする。
【社会福祉学部社会福祉学科子ども専攻】
少子高齢社会の進行により、ますます充実が望まれる児童福祉・保育・教育の分野において、広い見識と視野を持つ、技術的にも人間的にも優れた、より質の高い人材を輩出すること を目的とする。保育と教育そして福祉の連携を基本に、現場で働く職員に求められるセンスや感性を身につけさせる。
【看護学部看護学科】
少子高齢社会で、ますます充実が望まれる看護の分野において、優れた学識と技術と 倫理的判断力を身につけ、健康と福祉と地域に主体的貢献のできる、人間性豊かな看護専門職者の育成を目的とする。
【理学療法専攻】
理学療法は、身体の運動機能障がいを持つ方に対して、運動療法や物理療法を治療的手段として用いる。理学療法士として必要な解剖学や運動学などを積極的に学ぶ姿勢を持ち、自分の欠点を自覚し、常に改善しようと努力する態度が必要である。ボランティア精神を持ち、第一に相手のことを思いやることができる人材を育成する。
【作業療法専攻】
作業療法の対象となる様々な分野で活躍できる人材を育成する。病院、福祉施設はもちろん、学校や行政機関など作業療法士の活躍できる場は拡大されている。青年海外協力隊として海外で活躍する作業療法士や地域で住民に密着して作業療法を実施したいと考えている方など、様々な分野で働くことができる人材を育成する。
【短期大学部医療福祉学科】
福祉・医療を科学的に教授・研究し、高い知識と優れた技能を併せ備えた有能にして社会的に有為な人材を育成することを目的とし、介護福祉の分野及び医療事務の分野においてその発展に直接寄与することを使命とする。

教育研究上の基本組織に関すること

群馬医療福祉大学は、平成26年度入学生において、社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻は収容定員280人、子ども専攻は収容定員160人、看護学部看護学科は収容定員320人、リハビリテーション学部リハビリテーション学科理学療法専攻は収容定員140人、作業療法専攻は収容定員100人からなり、修士課程として大学院社会福祉学研究科に「社会福祉経営専攻(収容定員20人)」が設置されている。
群馬医療福祉大学には、大学・大学院のほかに、「研究所」として、本学の建学の精神の基盤でもある陽明学の研究を行っている「陽明学研究所」が設置されており、さらに「医療・福祉・教育研究センター」「ボランティアセンター」「群馬医療福祉大学図書館」等が設置されている。
「研究所」及び「附属機関」は、大学・大学院の教育研究の目的を達成するために連携的支援を行っている。
表1及び表2は、教育研究組織の規模・構成及びその内訳についてまとめたものである。

表1 教育研究組織の規模・構成
教育研究組織 大学 社会福祉学部 社会福祉学科/社会福祉専攻・子ども専攻
看護学部 看護学科
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科/理学療法専攻・作業療法専攻
大学院 社会福祉学研究科 社会福祉経営専攻
短期大学 群馬医療福祉大学短期大学部 医療福祉学科
研究所 陽明学研究所 医療・福祉・教育研究センター
附属機関 ボランティアセンター 群馬医療福祉大学図書館
併設校 群馬社会福祉専門学校
群馬医療福祉大学附属鈴蘭幼稚園
表2 大学・大学院における入学定員・収容定員等
大学・大学院 学部・研究科 学科・専攻 入学
定員
編入学
定員
収容
定員
大学
(群馬医療福祉大学)
社会福祉学部 社会福祉学科 90 40 440
(社会福祉専攻) (50) (40) (280)
(子ども専攻) (40) - (160)
看護学部 看護学科 80 - 320
リハビリテーション
学部
リハビリテーション学科 60 - 240
(理学療法専攻) (35) - (140)
(作業療法専攻) (25) - (100)
230 40 1000
大学院
(群馬医療福祉大学院)
社会福祉学研究科 社会福祉学経営専攻 10 - 20
10 - 20
短期大学
(群馬医療福祉大学短期大学部)
医療福祉学科 80 - 160
80 - 160

本学建学の精神である儒教(孔子学)の大本の「仁」、及び中国哲学の伝統思想の「礼」を土台として群馬医療福祉大学の教育研究体系は成り立っている。 社会福祉事業に携わる専門職員は、専門的な知識や技術の研究・習得に偏するのではなく、社会福祉学が人間を対象とした実践科学であることに鑑み、当然に、それにともなう倫理の研究・体得も不可欠である。 このことから、新しい時代の社会福祉事業の実践を担う指導的人材には、「専門的知識」ならびに「倫理規範」の均衡ある体得が必要であると考え、社会福祉の専門科目だけでなく、哲学・倫理学・道徳といった科目を配置している。
社会福祉学部と看護学部、リハビリテーション学部及び短期大学部医療福祉学科は医療と福祉を関連づけて学ぶため、緊密な連携のもとに運営されており、 社会福祉学部の中にある「社会福祉専攻」と「子ども専攻」は隣接学問領域として相補関係を持っている。 また、社会福祉専攻には社会福祉コース・福祉心理コース・学校教育コース、子ども専攻には児童福祉コース・初等教育コースが設置されている。 リハビリテーション学部には理学療法専攻と作業療法専攻があり、それぞれの専門職を養成している。 大学院は大学の専門領域を基盤として、その上位の教育研究組織となっており、「社会福祉学部」の上に「社会福祉学研究科社会福祉経営専攻」が置かれている。
また、「陽明学研究所」は研究紀要や各種出版物の発行、「医療・福祉・教育研究センター」は地域への相談窓口の設置、「ボランティアセンター」は、 福祉医療施設や地域との連携や機関紙の発行、ボランティアフォーラムの開催など、大きな役割を果たしている。

入学者に関する受入方針
入学者数、入学者推移、収容定員、定員充足率、在学者数、社会人学生・留学生数の状況

退学者数及び退学者率・除籍者及び除籍者数

学位記授与数、卒業・修了者数、進学者数、就職者数、進学・就職の状況

群馬医療福祉大学・短期大学部 学位記授与数

群馬医療福祉大学・短期大学部 卒業、修了者数

群馬医療福祉大学・短期大学部 就職・進学状況

授業科目、授業の方法と内容、授業概要(コースガイド)やシラバス(授業計画)の概要

校地、校舎等の施設、その他学生の教育研究環境に関すること

所在地、主な交通手段、キャンパス概要(交通アクセス)

キャンパス概要、運動施設の概要(キャンパス施設 紹介)

課外活動の状況(サークル活動):平成27年公認サークル

前橋キャンパス
サークル名 活動場所 サークル名 活動場所
アカペラサークル 1号館3階演習室 男子フットサルサークル アリーナ
アクティブサークル
みかんの木
221教室 ダンスサークル サブアリーナ
カラーガードサークル 体育館 デザイン・アートサークル 223教室
軽音楽サークル 1号館3階演習室 バスケットボールサークル 火、木
剣道サークル 体育館 バレーボールサークル アリーナ
茶道サークル 礼法室 文化伝承お祭サークル
一心
体育館
手話サークル 222教室 ミュージカルサークル 音楽室、体育館
女子バドミントンサークル 体育館、アリーナ(半) 野球サークル グラウンド
女子フットサルサークル アリーナ スポーツ交流サークル アリーナ
吹奏楽サークル 音楽室 卓球サークル サブアリーナ
ソフトテニスサークル 外部施設 特別支援教育研究会 3G教室
男子バドミントンサークル 体育館、アリーナ(半)
藤岡キャンパス
サークル名 活動場所 サークル名 活動場所
SPORTS 体育館 男子バドミントン 体育館
現代文化研究サークル
ポップコーン
1204教室 男子フットサル グランド
子どもふれあいサークル 1203教室 ダンスサークル 体育館
少林寺拳法 体育館 バレーボール 体育館
女子バスケットボール 体育館 フラサークル JOY 1204教室
女子バドミントン 体育館 和サークル 昌賢庵
女子フットサル グランド 現代音楽サークル 体育館
男子バスケットボール 体育館 ソフトテニス 市営グランド
本町キャンパス
サークル名 活動場所 サークル名 活動場所
軽音サークル 木工室 バイコンサークル 動作解析室
ダンスサークル 機能訓練室 バドミントンサークル ぐんまアリーナ
バスケットボールサークル 総合スポーツセンター 森の音楽隊 本町キャンパス内
バレーボールサークル 総合スポーツセンター 野球サークル 敷島グラウンド
フットサルサークル フットステージ新前橋 陸上同好会 敷島陸上競技場
旅サークル 学外 お料理同好会ボナペティ 料理実習室

※公認サークルとして認められる前に同好会として1年間活動します。

授業料、入学金、宿舎などの費用に関すること

授業料、入学金、その他の費用、利用できる授業料減免等の概要(学費・奨学金等)

学生の修学、進路選択、心身の健康に関すること

社会貢献等の概要に関すること

生涯学習
子育て支援
・平成27年度
・平成26年度
・平成25年度
・平成24年度
・平成23年度
・平成22年度
研究
高大連携
地域連携
・平成28年度
・平成27年度
・平成26年度
・平成25年度
・平成24年度
・平成23年度
<前橋市>
・平成22年度
自治体等との連携
大学間教育研究連携
その他

ページトップへ