入試情報
ピックアップ
介護福祉士実務者研修通信課程
社会福祉士通信課程
精神保健福祉士通信課程
介護職員初任者研修通信課程
喀痰吸引等研修
介護福祉士筆記試験対策 e-Learning講座
ボランティア依頼 随時受付中
教職員採用情報
情報公開
もっと知りたい方は…
資料請求 無料で送付いたします!
■お電話からの資料請求・お問い合せは
0120-870-294
学校法人 昌賢学園 群馬社会福祉専門学校
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町152番地
TEL.027-253-0345
FAX.027-289-4657
学校法人 昌賢学園
群馬医療福祉大学
群馬医療福祉大学大学院
群馬医療福祉大学短期大学部
群馬社会福祉専門学校
群馬医療福祉大学附属 認定こども園
鈴蘭幼稚園
  • 群馬社会福祉専門学校紹介ページへ

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

群馬社会福祉専門学校では保育・幼児教育・介護にかかわる人材養成を行っております。
保育・幼児教育や介護の仕事は物相手の仕事ではありません。当然のことですが生身の人間と関わっていくことを決して忘れてはならないのです。保育・幼児教育・介護の仕事に就く者として人間存在の意義を見つめ、「人間が人間らしく生きること」とはどういうことかを永遠に問い続けていく姿勢が必要になってくるのです。
さらに保育・幼児教育・介護の職場は対人援助が中心となります。したがって利用者および関係職員との人間関係が重要視されます。そのためにコミュニケーション能力の向上に力を入れると同時に、ボランティア活動と環境美化活動の積極的な実践力を養い、保育・幼児教育・介護のスペシャリストを目指します。
また保育・幼児教育・介護に関わるには国家資格をはじめとする各種資格の取得が必要です。そこで社会人として必要な基礎学力と論理的思考力の充実に取り組みます。
群馬社会福祉専門学校では以上のことを念頭に置きながら、次のような学生を求め続けていきます。

1.人格教育
「 仁、義、礼、知、信」の精神の展開の下、豊かな人間性を身に付け、ボランティア活動と環境美化活動に生きがいを見つけようとする人。
2.自立教育
自己の安定した生活を踏まえ、社会人としての正しいものの見方、考え方で様々な課題の解決を積極的に図っていこうとする意欲のある人。
3.教養教育
旺盛な探究心を持って学問に取り組む姿勢を持ち、福祉、保育・幼児教育に関する専門的な知識・技能の習得を目指そうとしている人。
4.専門教育
保育士・幼稚園教諭・介護福祉士資格を取得し、たくましい実践力を持つ保育・幼児教育・介護の人材になりたいという強い意志を持っている人。
【福祉保育学科】
保育、幼児教育を含めて社会福祉の全領域にも関心を持ち、地域の子どもの健全育成と地域福祉、家庭教育に貢献しようとする人。
【介護福祉専攻科】
少子高齢社会における重要な任務を担い、新たな福祉社会の構築のために地域社会でも指導的役割を果たしていこうとする意欲のある人。

ページトップへ

ディプロマ・ポリシー

【福祉保育学科】
以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得することにより、保育士資格・幼稚園教諭二種免許を取得することができます。

豊かな人間性と社会性の基盤となる、学力とコミュニケーション力を修得し、子どもの発達と内面に関する理解を、実際の援助に活かすことができる。多様化した社会における、保育者・幼児教育者としての使命と責任を自覚している。
【介護福祉専攻科】
以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得することにより、介護福祉士国家試験受験資格を取得することができます。

介護に関する専門的な知識・技術を修得し、利用者の方の心身の状況に応じた日常生活全般の支援、利用者の方個々のニーズに応じた支援ができる介護福祉士として、人格的にも人間としての優しさや奉仕精神にあふれ、広く社会に貢献できる素養を身につける。

ページトップへ

カリキュラム・ポリシー

【福祉保育学科】
ディプロマ・ポリシーで明記している、保育士・幼稚園教諭として必要な能力を修得するべく、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。
1.
コミュニケーション力とチームワークを養うために、演習科目を設置し、また、豊かな人間性と社会人として求められる学力を身につけるために、教養科目を設置する。
2.
保育・幼児教育の意義や内容・方法について理解し、表現技術を身につけるために、専門的知識と技術に関する科目を設置する。
3.
保育者・幼児教育者の役割や子育て環境について理解し、自らの保育観・職業観を形成するために、保育者・幼児教育者の使命と責任に関する科目を設置する。
4.
附属幼稚園との連携を生かし、ボランティア活動を推奨する。
【介護福祉専攻科】
ディプロマ・ポリシーで明記している、介護福祉士として必要な能力を修得するべく、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。
1.
高度な介護技術と共に高齢者の心を理解し円滑なコミュニケーション力を養うために、演習科目を設置する。
2.
介護の意義や内容・方法について理解し、介護技術を身につけるために、専門的知識と技術に関する科目を設置する。
3.
介護者の役割や介護環境について理解し、自らの介護観・職業観を形成するために、介護者の使命と責任に関する科目を設置する。
4.
多くの卒業生との協力・連携を生かし、ボランティア活動を推奨する。

ページトップへ